フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

フィギュア全米選手権で波乱が!
ワグナーとブラウンが平昌五輪逃す。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byUSA TODAY Sports/reuters/AFLO

posted2018/01/10 17:00

フィギュア全米選手権で波乱が!ワグナーとブラウンが平昌五輪逃す。<Number Web> photograph by USA TODAY Sports/reuters/AFLO

全米選手権の表彰台より。左から、長洲未来、ブレイディ・テネル、カレン・チャン、アシュリー・ワグナー。

男子は……予想通りにチェンが優勝。

 男子はSPでネイサン・チェン、アダム・リッポン、ジェイソン・ブラウンがトップ3だったところまでは、大方の予想通りだった。

 だがフリーは、トップ選手の失敗が続出して大混乱状態に。

 そんな中でチェンだけは、さすがに安定した演技を見せた。不調だという4ルッツは組み込まず、フリップ、トウループ、サルコウの3種類の4回転ジャンプを5回着氷。最後まで大きなミスなくまとめて、総合315.23と一人抜き出たスコアで悠々と優勝を果たした。

 総合2位は、SP6位からいっきに挽回したロス・マイナーである。4サルコウと、8回の3回転ジャンプをノーミスできめてスタンディングオベーションを得た。

 3位は17歳のヴィンセント・ゾウだった。フリーでは5度挑戦した4回転ジャンプのうち4つが回転不足になるなど失敗も多かったが、後半で3アクセルを2度きめてSP5位から表彰台に駆け上がった。

 アダム・リッポンは総合4位、ジェイソン・ブラウンは6位という結果に終わった。

2位になるも代表をはずされたマイナー。

 だが翌日の五輪選考会議では、アダム・リッポンが平昌オリンピック代表に選ばれ、そのために3位のゾウではなく、2位だったマイナーがはずされた。

 3位だったヴィンセント・ゾウは現世界ジュニアチャンピオンで、将来の経験のためにもUSFSAにとって是非オリンピックに出しておきたい選手であっただろう。

 一方ロス・マイナーは2011年、2012年と連続してNHK杯で銅メダルを手にした選手で、2012年四大陸選手権で3位に入った経歴もある。だがここ数年、成績は低迷して今季の世界ランキングも26位まで下がっていた。

 一方、アダム・リッポンはこのところ安定した演技を見せて、ここ2シーズン連続でGPファイナルに進出。今シーズンの世界ランキングは5位である。

 ISU公認のパーソナルベストスコアも、リッポンのほうが18ポイント余り上であることを考えると、USFSAが事前に出していた代表選抜の条件と照らし合わせて、リッポンを代表にしたのは妥当な選択といえる。

【次ページ】 「何のためだったのか……」コーチが悲痛な訴え。

BACK 1 2 3 4 NEXT
アシュリー・ワグナー
ブレイディ・テネル
長洲未来
カレン・チャン
ネイサン・チェン
アダム・リッポン
ジェイソン・ブラウン
ロス・マイナー
ヴィンセント・ゾウ
平昌五輪
オリンピック

ページトップ