オリンピックへの道BACK NUMBER

坂本花織と樋口新葉はまだ高校2年。
平昌代表、運命の分かれ道について。

posted2017/12/26 08:00

 
坂本花織と樋口新葉はまだ高校2年。平昌代表、運命の分かれ道について。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

今季、誰にも負けない大会数をこなし、急成長し、ついに五輪代表の座まで辿り着いた坂本。大会までの短期間に、さらなる成長を期待したい。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 宮原知子に続き、2人目の代表選手の名前がアナウンスされると、誰よりも大きな拍手が場内に鳴り響いた。

 リンクへと足を踏み入れると、晴れやかな表情で中央へと進んだのは、坂本花織だった。

 平昌五輪代表選考会を兼ねたフィギュアスケートの全日本選手権の女子は、12月23日にフリーが行われ、優勝した宮原知子が自動的に内定。残る1枠は誰の手のものとなるのか、翌日の公式発表の焦点となった。

 全日本選手権が終わった時点で、選考基準に照らし合わせて代表選考の対象となる選手は、大会前から増えることはなく、坂本、樋口新葉、本郷理華の3人に絞られていた。

 ただ、全日本選手権で6位にとどまった本郷の可能性はなくなり、実質的には2位の坂本、4位の樋口の両者が選択肢として残った。

 どちらを選ぶか――選考の席上の議論は白熱したという。

 どちらにも代表に選ばれるだけの理由があるからだ。あらためて、2人が代表候補となった経緯、そして明暗を分けた理由を見ていきたい。

自己ベストを更新しての全日本2位という成績。

 全日本選手権での坂本は、置かれた状況を考えれば、見事のひとことに尽きた。

 21日のショートプログラムでトップに立つと、中1日で行われるフリーは抽選の結果、最終滑走で臨むことになった。ショート1位であることに加え、さらに重圧がかかる状況を迎えたのである。

 その中で、冒頭の3フリップ-3トウループこそ「ちょっと(回転が)足りなかったかなと思った」と言うように回転不足となったが、その後はほとんどのジャンプを正確に決めていく。最後のジャンプを成功させると、フィニッシュまで観客席の拍手がやむことはなかった。

 総合得点は213.51。

 国際スケート連盟非公認ながら、自己ベストを更新しての2位であった。

【次ページ】 樋口はシーズンベストで世界3位の点数を出していた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
坂本花織
樋口新葉
本郷理華
宮原知子
紀平梨花
小林芳子
平昌五輪
オリンピック

ページトップ