フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

フィギュア全米選手権で波乱が!
ワグナーとブラウンが平昌五輪逃す。

posted2018/01/10 17:00

 
フィギュア全米選手権で波乱が!ワグナーとブラウンが平昌五輪逃す。<Number Web> photograph by USA TODAY Sports/reuters/AFLO

全米選手権の表彰台より。左から、長洲未来、ブレイディ・テネル、カレン・チャン、アシュリー・ワグナー。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

USA TODAY Sports/reuters/AFLO

 1月7日、カリフォルニアのサンノゼで開催されていた全米選手権が終了。男女シングル、そしてアイスダンスの3種目でサプライズがあり、予想外の展開となった。

 女子の最大のサプライズは、2016年世界選手権銀メダリストのアシュリー・ワグナーが4位に終わり、平昌オリンピックの代表からもれたことだろう。

 全米選手権では過去7シーズンの間に3度タイトルを手にし、5回表彰台に上がったベテラン選手である。

珍しく、採点への不満を口にしたワグナー。

 SP、フリーともジャンプの回転不足などもあったが、本人はフリーの演技後に「私はパフォーマーなのに第2マーク(表現などの5コンポーネンツ)が出なかったことには怒りを感じている」「回転不足を厳しくとるのは納得できるが、全体を通して公平だとは感じられなかった」と、採点に対する不満をはっきりと口にした。

 ワグナーは4年前の全米選手権でも4位に終わったが、あのシーズンはGPファイナルでメダルをとったことなども考慮され、3位だった長洲未来を押さえてソチオリンピックの代表に選ばれた。

 だが今シーズンのワグナーはスケートカナダ3位、スケートアメリカは怪我で棄権。USFSA(全米フィギュアスケート協会)は、女子のトップ3人をそのまま平昌オリンピックに送ると発表した。

 ワグナーもその後ソーシャルメディアを通して代表の3人を祝福し、「私は応援団に回る」と結果を潔く受け入れた。

【次ページ】 新チャンピオンは、まだ19歳のブレイディ・テネル。

1 2 3 4 NEXT
アシュリー・ワグナー
ブレイディ・テネル
長洲未来
カレン・チャン
ネイサン・チェン
アダム・リッポン
ジェイソン・ブラウン
ロス・マイナー
ヴィンセント・ゾウ
平昌五輪
オリンピック

ページトップ