沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

ホープフルSって、なんで34回目?
武豊、ミルコ、ルメールの新記録も。

posted2017/12/27 17:00

 
ホープフルSって、なんで34回目?武豊、ミルコ、ルメールの新記録も。<Number Web> photograph by AFLO

デイリー杯を勝ってホープフルSに向かうジャンダルム。鞍上はアッゼ二から武豊に乗り換わり大一番に挑む。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

AFLO

 昨年までは阪神ジュベナイルフィリーズが「2歳女王決定戦」で、朝日杯フューチュリティステークスが「2歳王者決定戦」だった。

 ところが今年から、牝牡とも出走できる第34回ホープフルステークス(12月28日、中山芝2000m、2歳GI)がGIに格上げされたので、これが終わらないと2歳チャンピオンが決まらなくなってしまった。

 それはいいとして、ちょっとわかりにくいのは、このレースが今年「第34回」であることの背景だ。

 1988年から、オープン特別のホープフルステークスが有馬記念当日に行われ、ウイニングチケット、エアシャカール、トーセンジョーダン、ベルシャザールといった、のちのGIホースが勝ち馬に名を連ねている。

 その1988年を第1回とすると、今年のホープフルステークスは第30回のはずだ。4回足りないのはなぜかと思い、さらに遡って見ていくと、1984年から1987年までは同様の条件で「ひいらぎ賞」が行われていた。1984年を第1回とすると今年は第34回となり、計算が合う。

 ああよかった、と思っていたら、それも正解ではないらしい。

オープンのホープフルステークスとは関係ない。

 JRAは、GIに格上げされたホープフルステークスの前身を、オープン特別のホープフルステークスではなく、2013年まで阪神競馬場で行われていた、GIIIの「ラジオNIKKEI杯2歳ステークス」だとしている。

 1984年に創設された旧3歳牝馬限定の「ラジオたんぱ杯3歳牝馬ステークス」が、条件や名称などの変更を経て「ラジオNIKKEI杯2歳ステークス」となった。それが2014年、舞台を中山に移してホープフルステークスとなり、GIIに昇格。そして今年GIとなった――というのが正しいようだ。

【次ページ】 数々のGI馬を生み出したラジオ杯の格。

1 2 3 NEXT
武豊
ミルコ・デムーロ
クリストフ・ルメール

ページトップ