沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

武豊とキタサンのハッピーエンド。
名馬の枠を超えた絶対スターの引退。

posted2017/12/25 11:30

 
武豊とキタサンのハッピーエンド。名馬の枠を超えた絶対スターの引退。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

早くから注目されていた馬では決してなかった。そのキタサンブラックが国民的スターになるのだから、競馬は面白い。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Yuji Takahashi

 イブの中山競馬場に10万人の「ユタカコール」と、北島三郎オーナーの『まつり』の歌声が響いた――。

 第62回有馬記念(12月24日、中山芝2500m、3歳以上GI)を、武豊が騎乗した1番人気のキタサンブラック(牡5歳、父ブラックタイド、栗東・清水久詞厩舎)が優勝。ラストランとなったこのレースが最多タイのJRA・GI7勝目となり、獲得賞金歴代トップに躍り出た。

 王者キタサンブラックの強さばかりが目立つレースだった。

 好スタートから内枠を利してハナに立つと、あとは淡々とマイペースで進んだ。勝負どころでも手応えは余裕十分。直線で後続を突き放し、1馬身半差で逃げ切った。

「スタートがよければ先手をとりたいと思っていました。馬をリラックスさせることに専念したのですが、1周目の4コーナーではやはり行きたがってしまった。何とかなだめ、ゴール板あたりから、いいリズムで走ってくれました」

 そう話した武は、900mから1300mまでの2ハロンを13秒3、13秒2に落とし、自身に有利な流れをつくり出した。

この日の出来なら、突つかれても振り切ったのでは。

 去年は、2周目の3コーナーでサトノノブレスに突つかれて早めに動き、サトノダイヤモンドに差されてしまった。それに対して、今年はどの馬にも絡まれることなく3、4コーナー中間の勝負どころを迎えた。

「4コーナーで手応えがよかったので、後ろを待つことなく、早めにスパートをかけました」

 武がレース前から何度も言っていたように、キタサンブラックは、去年よりずっと強くなっている。仮に去年のように突つかれたとしても、この日のキタサンブラックなら楽に振り切っていたのではないか。

「でも競馬だから、何があるかわからない。楽観するところはひとつもなかった。1メートル、1メートルを丁寧に乗りました。1メートルずつクリアして2500メートルになった、というレースでした」

 これまでキタサンブラックに騎乗したなかで、今回が一番緊張したという。

「すごいプレッシャーがありました。でも、名誉なプレッシャーなので、それを味わっていました」

【次ページ】 この日、武豊は他馬の騎乗を断って有馬だけに専念。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
キタサンブラック
武豊
北島三郎

ページトップ