JリーグPRESSBACK NUMBER

川崎の小林、大島ら獲得に教訓あり。
内田篤人に“フラれた”名スカウト。

posted2017/12/13 10:30

 
川崎の小林、大島ら獲得に教訓あり。内田篤人に“フラれた”名スカウト。<Number Web> photograph by Tetsuro Kaieda

現役時代は小柄なアタッカーとして知られた向島。今は光る原石を見つけるための活動を続けている。

text by

海江田哲朗

海江田哲朗Tetsuro Kaieda

PROFILE

photograph by

Tetsuro Kaieda

 12月6、7日、JPFA(日本プロサッカー選手会)トライアウトが行われたパロマ瑞穂スタジアムで、場にそぐわない人物を見つけた。名を、向島建。川崎フロンターレの強化部スカウト担当を務める。

 トライアウトの趣旨は、所属クラブを契約満了となり、移籍先を探す選手とクラブを結びつけることに主眼が置かれている。すべての選手は大きく化ける可能性を秘めるが、少なくとも現時点ではJ1でタイトルを狙う強豪クラブの補強につながる選手はまずいない。

 しかも、スカウトマンの仕事は若手有望株の獲得で、大学や高校の試合会場が活動の中心だ。

 向島はトライアウトの視察に訪れた理由をこう話す。

「僕らの仕事は、幅広いレベルを見ておく必要があるんです。プロの上層だけを見て、そこに良し悪しの基準を置くと、若い選手の不足している部分ばかりに目がいってしまう。選手上がりのスカウトほどそうなりがちですね。あれがダメ、これが足りないと短所ばかりをあげつらう。結果、磨けば光るものを持っているのに悪いところが目について、獲得に二の足を踏むことになります。これから完成されていく選手は、長所と欠点があって当たり前なのに」

「清水の牛若丸」が小林悠をプロに導いた。

 また、今回のトライアウトにはかつて向島がスカウトした養父雄仁(V・ファーレン長崎)、可児壮隆(FC今治)といった選手が参加しており、彼らのフォローも目的のひとつだった。若者をプロの世界に導いた責任があり、選手を使い捨てにしているとクラブの信用にかかわる。

 現役時代の向島は、Jリーグ初期の清水エスパルスで活躍。161センチと小柄なアタッカーで、「清水の牛若丸」との異名をとった。エッジの利いたドリブルで相手を翻弄し、スピードでぶち抜く痛快なプレーを記憶に留めるオールドファンは多いだろう。2001年、川崎で引退し、2005年からスカウトの道に入った。

 今季、川崎は念願の初タイトルをついに手中に収め、そこで得点王(23点)と最優秀選手賞を獲得した小林悠は向島の会心の仕事である。

【次ページ】 大学4年でひざの靭帯断裂の重傷を負っても獲得。

1 2 3 4 NEXT
川崎フロンターレ
向島建
小林悠
内田篤人
大島僚太
谷口彰悟
車屋紳太郎
鹿島アントラーズ

ページトップ