JリーグPRESSBACK NUMBER

ボールを持たずともチームを操る。
ジュビロの“俊輔効果”とは何か。

posted2017/08/03 11:00

 
ボールを持たずともチームを操る。ジュビロの“俊輔効果”とは何か。<Number Web> photograph by Getty Images/J.LEAGUE

中村俊輔に注目が集まる陰で、川辺や川又らもキャリア最高のパフォーマンスを発揮している。

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph by

Getty Images/J.LEAGUE

 今季ホーム戦で負けなしだった“川崎劇場”と呼ばれる等々力陸上競技場に、ジュビロサポーターの歓喜の声が響き渡る。

 7月29日、豪雨のなかキックオフされた川崎と磐田の一戦は2-5という大差で磐田が勝利した。両チームともに連勝中の好調同士。しかし、3位の川崎と昨シーズンJ1に返り咲いたばかりの磐田との力の差は誰もが認めるところだった。

 今季のリーグ戦で横浜FMと並んで最少失点の磐田は、先制した試合ではすべて勝利している。

「川崎相手に先制点を獲れるのか? 先制点を奪われたら……という不安はあった」とディフェンスリーダーの大井健太郎は緊張感を持って試合に入った。試合は、8分に川辺駿が先制点をマークしたが、12分にエドゥアルド・ネットに同点弾を許す立ち上がり。

「セットプレーでの失点だったので、気持ちを切り替えることができた」と大井が語るように、24分にCKから櫻内渚が勝ち越し弾を決め、1-2で前半を終える。

 この時点では、まだ誰も安心はしていなかった。「とにかく後半立ち上がり15分はゼロで行こうと後半に入りました。そこからポンポンと得点を決めてくれたのは大きかった。川崎はマジ、メチャ巧かったから」と大井が振り返る。

 55分に川辺、59分にアダイウトン、61分には川又堅碁が次々とゴールネットを揺らして5得点。73分にムサエフが2枚目の警告で退場した後に1点を失ったものの、ジャイアントキリングは危なげなく達成された。

コーチは「間違いなく俊輔効果」と確信。

 この試合、川崎のシュートは22本、磐田は10本しか打っていない。それでも堅守速攻を貫いて鹿島、ガンバ、浦和に続き、強豪クラブを倒した。この日の勝利で13年ぶりに6連勝を飾った磐田は、勝ち点34の6位。3位ガンバとの勝ち点差はわずか1にまで接近している。

 磐田の鈴木秀人コーチは、チームの中心は中村俊輔だと話す。

「俊輔は人を見てサッカーができる選手。俊輔が気づいたことを周りの選手に伝え、そのすり合わせをたくさんしたことで、結果がついてきた。選手個々もレベルアップしていると感じる。間違いなく俊輔効果」

【次ページ】 数字よりも、他の選手に与えた影響が大きい。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
中村俊輔
川辺駿
ジュビロ磐田

ページトップ