JリーグPRESSBACK NUMBER

天皇杯Jクラブ敗退は波乱じゃない?
国内3冠で最も難関タイトルな理由。

posted2017/08/01 07:00

 
天皇杯Jクラブ敗退は波乱じゃない?国内3冠で最も難関タイトルな理由。<Number Web> photograph by Kyodo News

メディアでは“格下”に負けるJリーグ勢とセンセーショナルに書き立てられるが、トーナメント制ならではの難しさがあるのだ。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 波乱という表現は、そもそも使えないのかもしれない。

 サッカー天皇杯におけるJクラブの敗退だ。

 ベスト16がほぼ出揃った2017年度の天皇杯では、筑波大学がベガルタ仙台とアビスパ福岡を連破した。国内のピラミッドでは“J4”にあたるJFLのヴァンラーレ八戸も、ヴァンフォーレ甲府を退けた。

 福島県社会人リーグのいわきFCも、その名を全国へとどろかせた。“J7”に相当するカテゴリーの彼らが、J1の北海道コンサドーレ札幌を撃破したのだ。3回戦ではJ1の清水エスパルスに0-2で敗れたものの、リスクを恐れない勇敢なサッカーを披露した。

 昨年はどうだったのか。1回戦でJ2のFC岐阜がJFLのHonda FCに、町田ゼルビアが神奈川大学に敗れ、2回戦ではJ1の名古屋グランパス、甲府、仙台がJ3の下に位置する都道府県代表のクラブに白星を献上した。J2の松本山雅FCも、Honda FCを止められなかった。

ヨーロッパのカップ戦を見てみても、格上が……。

 ヨーロッパのカップ戦はどうだろう。

 2016-17シーズンのドイツ・DFBポカールでも、カテゴリーの低いクラブが大会を盛り上げた。このシーズンのブンデスリーガ1部で旋風を巻き起こすライプツィヒが、2部のディナモ・ドレスデンに敗れているのだ。

 1部が2部に負けることが例外的でなければ、1部が3部に敗れるのはどうだろう。ブレーメンが、3部のシュポルトフロインデ・ロッテに1-2で逃げ切られている。

 1部と4部の対戦が、PK戦までもつれるのはどうだろう。ほぼベストメンバーといっていいマインツが、4部のSpVggウンターハヒンクと3-3の撃ち合いを演じ、PK戦で辛うじて勝利している。

 ドイツのカップ戦でも、格上が当たり前のように苦杯をなめているのだ。延長戦やPK戦の末に1部のクラブが生き残った、というゲームも少なくない。

【次ページ】 シーズンが深まるにつれてリーグ戦の重要度が増す。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
いわきFC
筑波大学
鹿島アントラーズ
ガンバ大阪

ページトップ