Number ExBACK NUMBER

親友・佐々木主浩と清原和博。
高校時代のあの時、もし……。

posted2017/07/03 08:00

 
親友・佐々木主浩と清原和博。高校時代のあの時、もし……。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

親友の高校時代からの思い出と、その再起にかける覚悟を語ってくれた佐々木氏。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

「キヨのこと、よろしくお願いします」

 インタビューが終わった後、ハマの大魔神こと佐々木主浩氏は小誌取材陣にそう言葉を託した。それは友を労り、真に心配する口調だった。

 6月29日に発売されたNumber930号では、昨年12月にテレビ番組のインタビューに答えて以来となる清原和博氏の「告白」を掲載している。そのインタビューで清原氏が保釈後の苦しい日常を吐露していく中で「ありがたかった」と明かしたのが親友・佐々木氏の存在だった。

「逮捕されてすぐにメッセージをくれたのが佐々木(主浩)だったんですよね。『俺にできることがあったらなんでも言ってくれ』と。ありがたかったです。そういう意味でも佐々木にすごく感謝してますし、情状証人にもなってくれましたし、出てきてからも定期的に食事に誘ってくれて、本当に……」(清原氏)

「ゆくゆくは野球界にも戻ってきてほしい」

 その佐々木氏にも小誌はぜひとも話を聞きたかった。

 取材の依頼をするとすぐにOKの返事が。取材当日、インタビュールームに現れた佐々木氏の表情に曇りはなかった。

 佐々木氏は今回、清原氏が Numberの取材に応じると聞くと、自らも口を開くことを決意したという。

「今回こういった形で、キヨがNumberのインタビューを受けると聞いた時は、すごく嬉しかったし、彼のためになると思いました。もちろん犯した罪を償うのは当然だけど、キヨは僕らの世代にとって、あれほどのスターですからね。ゆくゆくは野球界にも戻ってきてほしいし、それが本人のためにもなると思ってます」

【次ページ】 高校時代から、全然スター気取りでなく接してくれた。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
佐々木主浩
清原和博

ページトップ