月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

報知から読み解く巨人軍の不思議。
プチ鹿島6月のスポーツ新聞時評。

posted2017/06/30 17:00

 
報知から読み解く巨人軍の不思議。プチ鹿島6月のスポーツ新聞時評。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

一日一日着実に借金を返していくしかない……とコメントしている高橋監督。

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 前回、「チームが好調な場合と不調な場合、“推し”スポーツ紙からどれだけ喜怒哀楽が伝わってくるか」というウオッチをしてみました。

『デイリースポーツ』(阪神推し)と『東京中日スポーツ』(中日推し)を例にとり、悲喜こもごもをお伝えした。

 そんなことをしていたら、今月は巨大な事案が発生した。「巨人13連敗」である。球団ワースト。

 巨人と言えば『スポーツ報知』。

 もともと『報知新聞』という一般朝刊紙だったが、1949年に読売系列のスポーツ紙として再出発した経歴を持つ。当然と言うべきか「読売ジャイアンツ推し」。フリーペーパー『スポーツゴジラ』の「スポーツ新聞特集」(2016年5月発行分)では、『スポーツ報知』の記者みずから「巨人の機関紙」と説明していた。

 そんな報知はこの13連敗をどう伝えたか。

巨人推し新聞の紙面に踊った緊急提言が即実現!

 まず目を引いたのがこれ。

「由伸6連敗 打開策クルーズ使え!!」(6月1日)

 交流戦2戦目、楽天の打撃力の前に連敗し、トータルで6連敗となった巨人。得点力アップのためにすべきことは何か? 巨人担当キャップの「提言」が報知の1面に載ったのである。それが「クルーズ使え!!」。

《「守り勝とう」なんて言っていられない。もう、大胆に動くしかない。例えば、クルーズの昇格だ。現状、4つの外国人枠をマギー、マイコラス、マシソン、カミネロで埋めている。チームの絶対的な4人だが、ここは目をつむり、カミネロを10日間だけ登録抹消してはどうか。(略)今は、クルーズの長打力がほしい。》

「推し球団」があるスポーツ新聞ならではの緊急提言である。

 すると、興味深いことになった。

「1、2軍8選手入れ替え 守護神カミネロ抹消でクルーズ昇格」(6月2日『スポーツ報知WEB』)

 さっそく「提言」の翌日にクルーズが一軍に昇格したのである!

【次ページ】 「クルーズ使え!!」は読売上層部の指示だった!?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
高橋由伸
読売ジャイアンツ
アルキメデス・カミネロ
ルイス・クルーズ

ページトップ