福西崇史の「考えるサッカー」BACK NUMBER

福西崇史、久保以外のU-20注目点。
エース小川、中盤、磐田流の指揮官。 

text by

福西崇史

福西崇史Takashi Fukunishi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/05/19 11:40

15歳の久保に注目が集まるが、内山監督のもとで鍛え上げられたチームは、この世代初のアジア王者に輝いた実績を持つことを忘れてはならない。

15歳の久保に注目が集まるが、内山監督のもとで鍛え上げられたチームは、この世代初のアジア王者に輝いた実績を持つことを忘れてはならない。

内山監督のやり方は、磐田でのスタイルに似ている。

 最後に、内山監督です。久保をはじめとした選手に注目が集まっていて、内山さんのことがあまり語られていない気がするので、個人的にも紹介しておきたいなと思います。

 内山さんはずっとジュビロで、ユースやサテライトチームの監督を歴任していました。直接の監督と選手という関係にこそならなかったんですけど、当時ジュビロの監督を務めていたマサさん(注:鈴木政一氏)たちとともに、よく話をしていました。

 ジュビロの後もマサさんのもとで南野拓実や中村航輔、関根貴大らがいた前回のU-20代表のコーチをやっていましたよね。今のU-20代表も長年にわたって見ているし、誰よりも選手一人ひとりを理解している人だと思います。

 内山さんのチームの作り方としては、僕たちがプレーしていた頃のジュビロとコンセプトが似ている。相手選手を追い込んで積極的にボールを奪いに行く点、そしてボールを奪ってから下げずに攻め切ろうとする点などです。目指す場所が高い分だけ、実現できればとても面白いサッカーが表現できる。

 そして内山さんは、「オレの考え方はこうだよ」と伝える情熱が物凄く強いのと同時に、選手たちの意見も受け止めてくれるタイプの指導者です。昔のジュビロは僕を含めて、それぞれのサッカー観を主張する人だらけでしたけど(笑)、内山さんはそれを聞きつつも、理想像をピッチに表現しようとするタイプです。

 内山さんがそんな監督だからこそ、今回のU-20日本代表の選手もコミュニケーションをどんどん取ってほしいし、大会の中での成長につなげてほしいな、と。その雰囲気とチャレンジする気持ちが噛み合えば、グループリーグ突破、そしてその上も見えてくるはずです。

(構成・茂野聡士)

関連コラム

言わせろ!ナンバー あなたのご意見を聞かせてください!

「清宮に回す敬遠」はあり? なし?
BACK 1 2 3 4
4/4ページ

ページトップ