Number ExBACK NUMBER

キタサンブラックが継承する
無敗ダービー馬ミホノブルボンの伝説。
 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byKeiji Ishikawa

posted2017/05/18 12:50

キタサンブラックが継承する無敗ダービー馬ミホノブルボンの伝説。<Number Web> photograph by Keiji Ishikawa

ディープインパクトのレコードを破ってのキタサンブラック連覇となった天皇賞・春。武は自らが作ったレコードをさらに更新する形に。

ミホノブルボンの死の1カ月後、志を継ぐ馬が……。

 かつて戸山は小誌の取材に「馬は鍛えるもの。鍛えて鍛えて、鍛えぬいて、それに耐えられないようなら、所詮この世界では通用しないもの」と、理想家肌の一面を見せたが、清水は「戸山さんのやり方を否定するわけではないですが、僕は鍛えて強くして、無事にレースに出す、というところはある」とややスタンスの違いを強調するが、「鍛えて強くする」部分は共通する。

 無敗の3冠をかけた秋の菊花賞で、ライスシャワーに敗れたのを最後にミホノブルボンはターフに戻ることなく、引退した(生涯成績8戦7勝)。戸山もまた、ブルボンを管理していた時から患っていた食道がんのため、1993年5月29日、第60回日本ダービーの前日に息を引き取った。種牡馬となったミホノブルボンは、地方競馬では重賞勝ち馬を出したが、JRAの重賞勝ち馬は出せないまま2012年に種牡馬を引退、今年2月に28歳で老衰のため死亡した。

 自らの血をひく後継者を残すことはできなかったが、ブルボンの死の約1カ月後、坂路3本の新メニューにも耐え、大阪杯を制したキタサンブラックは、4月末の天皇賞(春)でも、昨年の有馬記念で敗れたサトノダイヤモンドを下し優勝。ミホノブルボンの「志」を継ぐハードトレーニングの雄がターフを駆け抜けている――。

Number927号「ダービージョッキー最強伝説」では、今年のダービーはもちろん、近年最大の「ビッグレース」、キタサンブラック対サトノダイヤモンドの天皇賞・春について、関係者総当たりで完全誌上再現しています。ハードトレーニングのキタサンがサトノに勝てた真の理由とは? あのレースで何が起きていたのか――是非本誌でご確認ください。
ダービージョッキー最強伝説。

Sports Graphic Number 927

ダービージョッキー最強伝説。

【ダービージョッキー勢揃い】
武豊×M・デムーロ「やっぱりダービーは格別だ」
四位洋文&ウオッカ
池添謙一&オルフェーヴル
川田将雅&マカヒキ
【今年の主役】 松山弘平&アルアイン/C・ルメール/福永祐一

定価:(本体546円+税)目次ページへ

関連コラム

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
3/3ページ
関連キーワード
ミホノブルボン
武豊
ミルコ・デムーロ
戸山為夫
トウカイテイオー
ディープインパクト
清水久詞
日本ダービー

ページトップ