“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

選手権決勝5-0から62日目の再戦。
青森山田と前橋育英の因縁は続く。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2017/03/20 07:00

選手権決勝5-0から62日目の再戦。青森山田と前橋育英の因縁は続く。<Number Web> photograph by Takahito Ando

選手権では、2回目の決勝進出を果たした前橋育英を、同じく2回目の決勝進出だった青森山田が下して初優勝を飾っている。

「決勝は思い返したくない」「悔しさは一生忘れない」

 再戦前日から、両者の想いは交錯していた。

 高校選手権決勝のピッチでスタメン出場し、53分までプレーした前橋育英MF田部井悠は、こう口にした。

「あの決勝は思い返したくない……。自分のサッカー観というか、何もかもを否定された気持ちになった。負けた時、涙が出なくて、悔しいを通り越して、むなしい想いがこみ上げてきた。もう一度ゼロから積み重ねないといけないと思った。だからこそ、青森山田には絶対に勝ちたいし、あの悔しさが活かされているかどうかが明日の試合で分かる。もう燃えています」

 田部井悠の双子の弟で、新チームのキャプテンを務めるMF田部井涼(高校選手権決勝では74分から出場)も、「あの悔しさは一生忘れない。決勝の映像は1回観ようとしたけど、悔し過ぎて、90分間最後まで観ることが出来なかった……。あの一戦は人生の転機というか、自分の意識がまるまる変わった試合。今までの甘さを痛感した。だからこそ、明日はその想いをぶつけたい」

青森山田10番・郷家「受け身に回ると負ける」

 前橋育英にとってこの一戦は、「どんな大会、試合であろうが、相手が青森山田とあれば、話は別」(田部井悠)だった。

 それは青森山田にとっても同じだ。

「前橋育英はあまり表に出さないけど、熱気があって、凄く怖いチーム。自分達は熱を前面に出して、声を張るタイプだけど、前育は全員で声を出すのではなく、個々が内に秘めた闘志を持って黙々とやっているので、逆にオーラを感じるんです。絶対に向こうは『青森山田には何が何でも勝つ』という気持ちでぶつかって来る。僕らが受け身に回ってしまったら負けだと思います」

 こう語るのは、昨年からの主軸で新チームの10番である青森山田のMF郷家友太。「間違いなく今年は前育の方が強い。だからこそ、余計に負けたくない」と続けたように、お互いがお互いを深く意識し合う中、決戦の時を迎えた。

【次ページ】 両校ともにベストメンバーでは無かったが……。

2/4ページ
関連キーワード
前橋育英高校
青森山田高校
長崎総合科学大学附属高校
ジェフユナイテッド千葉
関東第一高校
山田耕介
黒田剛
田部井悠
田部井涼
郷家友太
渡邊泰基
松田陸
飯島陸
檀崎竜孔
小山内慎一郎
全国高校サッカー選手権

ページトップ