“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

高円宮杯プレミア開幕前の横綱対決。
東福岡と市立船橋に再びの因縁が……。

posted2017/04/08 08:00

 
高円宮杯プレミア開幕前の横綱対決。東福岡と市立船橋に再びの因縁が……。<Number Web> photograph by Takahito Ando

何度も得点機を作って東福岡を勝利に導いた10番の福田。まさに切磋琢磨して両校ともに日本の頂点を目指す。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 市立船橋vs.東福岡。

 高校サッカー界における東西の雄が、昨年に引き続き船橋の地で相まみえた。

 3月31日から4月2日の3日間にかけて行われた「船橋招待U-18サッカー大会」。初日だった31日に、この一戦がマッチメークされた。

 昨年もこの同じフェスティバルで激突している両者。当時の高校選手権3回戦の再戦となったこの一戦は、一進一退の攻防の末に2-2のドローに終わっていた。

 あれから丸1年。

 昨季は“公式戦として”対戦することが無かった両校が、2017年の春に再びぶつかり合うこととなった。

昨季は両校共に3人ずつJリーガーが誕生している。

 昨年のチームからは、共に3人ずつのJリーガーを誕生させている。

 市立船橋の方は、ルーキーながら不動のレギュラーを掴んでいるDF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)とMF原輝綺(アルビレックス新潟)の2人に加え、ガンバ大阪で期待されているMF高宇洋が出ている。

 東福岡からはDF小田逸稀(鹿島アントラーズ)、MF高江麗央(ガンバ大阪)、藤川虎太朗(ジュビロ磐田)。

 この6人は全員、昨年の船橋招待での直接対決でピッチに立っていた。

両校ともに大幅な戦力ダウンかと思いきや!?

 今年の両チームは共に多くの3年生が抜け、戦力ダウンは否めなかった。

 だが、市船にはU-18日本代表のDF杉山弾斗と、高校ナンバーワンGKとの呼び声が高いGK長谷川凌がまだ残っている。さらに、プロ注目のU-16日本代表候補のMF郡司篤也とDF岡井駿典の2年生コンビもいるのである。市立船橋は船橋招待の直前に福岡県で行われた「サニックス杯国際ユースサッカー」で、並み居る強豪を下して優勝を飾り、今年も力があることを示していた。

 一方で東福岡は、U-18日本代表CB阿部海大、1年時から出番を掴んでいるナンバー10のMF福田湧矢と、こちらもプロ注目のタレントを擁する。

「この時期に市立船橋さんからの“指名”を頂いて、戦えるのは我々にとっても貴重な機会」(東福岡・森重潤也監督)

「プレミアリーグ開幕前に東福岡とやることで、我々にとって大きな経験となる。本番に臨む前にチームにスイッチを入れてくれる存在」(市立船橋・朝岡隆蔵監督)

 まだ昨年ほどのインパクトでは無いが、全国トップレベルの力を有している両校。

 新シーズンの幕開けとなる高円宮杯プレミアリーグを1週間後に控えるこのタイミングでの戦いは、まさに2017年シーズンの「高校サッカー前哨戦」だ。

【次ページ】 「僕らの代は昨年のような“因縁”は無いので」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
市立船橋高校
東福岡高校
杉山弾斗
長谷川凌
郡司篤也
岡井駿典
阿部海大
福田湧矢
森重潤也
朝岡隆蔵
高円宮杯プレミアリーグ

ページトップ