“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

選手権決勝5-0から62日目の再戦。
青森山田と前橋育英の因縁は続く。

posted2017/03/20 07:00

 
選手権決勝5-0から62日目の再戦。青森山田と前橋育英の因縁は続く。<Number Web> photograph by Takahito Ando

選手権では、2回目の決勝進出を果たした前橋育英を、同じく2回目の決勝進出だった青森山田が下して初優勝を飾っている。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 青森山田vs.前橋育英。

 今年度の高校選手権、決勝のカードである。

 1月9日、埼玉スタジアムで相まみえたこの両雄が、早くも再戦を果たすときがやって来た。

「プーマカップ群馬2017」は、前橋育英高校サッカー部が日頃練習を行っている前橋育英高崎グラウンドに、青森山田、長崎総合科学大学附属、ジェフユナイテッド千葉U-18、関東第一の4チームを招待し、前橋育英を加えた5チームで、2日間にわたって総当たりのリーグ戦を行う大会である。大会2次ラウンド2日目の3月12日に、先に述べた高校選手権決勝のカードが組み込まれた。

 高校選手権決勝で、青森山田に0-5で敗れて準優勝に終わった前橋育英。その前橋育英が自ら主催するこの大会に青森山田を初めて招待したことで、この因縁のカードが実現したのだった。

上を狙うなら、青森山田は必ずどこかで当たる相手。

「青森山田は、全国の上を狙うにはどこかで必ず当たる壁。だからこそ、どのような感じなのかをこの時期に知っておくことが重要になってくる。特に今年の選手達は意識する相手だからね」

 こう語るのは前橋育英高校サッカー部の山田耕介監督。今大会の最高責任者でもあり、青森山田招聘の張本人だ。

 その前橋育英から送りつけられた“挑戦状”を、青森山田側も真っ向から受け止めた。

「今年の前橋育英は全国的に見ても非常に良いチーム。今、僕らが全国に向けて戦っていく上で、実力の尺度を図る絶好の相手です。もちろんいろんな思いもあるだろうからね」(青森山田・正木昌宣ヘッドコーチ)

【次ページ】 「決勝は思い返したくない」「悔しさは一生忘れない」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
前橋育英高校
青森山田高校
長崎総合科学大学附属高校
ジェフユナイテッド千葉
関東第一高校
山田耕介
黒田剛
田部井悠
田部井涼
郷家友太
渡邊泰基
松田陸
飯島陸
檀崎竜孔
小山内慎一郎
全国高校サッカー選手権

ページトップ