プロ野球亭日乗BACK NUMBER

対応する打撃と、決めにいく打撃。
日本の4番・筒香嘉智の2つの顔。

posted2017/03/15 11:50

 
対応する打撃と、決めにいく打撃。日本の4番・筒香嘉智の2つの顔。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

試合を重ねるごとに「日本代表の4番」の風格が増している筒香。コメントはいつも「チームが勝つことが一番」である。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 厳しい試合が続く。

 2次ラウンドの初戦となるオランダ戦をタイブレークの末に制した侍ジャパンだが、2試合目のキューバ戦は序盤から追いかける苦しい試合となった。

 1回に山田哲人(ヤクルト)のソロで先制したが、先発の菅野智之(巨人)が2回に逆転2ランを浴びると、その後も先手、先手を取られる展開。しかし1点を追う6回にラッキーボーイ・小林誠司(巨人)の適時打で追いつき、終盤の8回に敵失からつかんだ1死一、三塁のチャンスで小林の代打・内川聖一(ソフトバンク)の犠飛で勝ち越すと、直後の初球を、山田が左翼席に運ぶこの試合2本目の本塁打でダメ押し。

 最後は守護神・牧田和久(西武)が9回を3人で危なげなく締めて逃げ切った。

小久保監督「すぐに追いついたのが大きかった」

 終盤の凌ぎ合いをモノにしての薄氷勝利。

 8回の攻撃に焦点が集まるが、この試合で見逃してはならないのは、4番・筒香嘉智(DeNA)の存在感だ。

「すぐに追いついたのが大きかった」 

 小久保裕紀監督がこう振り返ったように、2回に逆転されてからは常に追いかける展開となったが、そこで筒香が放った2本の同点適時打が大きな意味を持っていた。

 1本目は3回だ。

 先頭の山田が二塁打で出塁し2番の菊池涼介(広島)の二ゴロで三進。しかし3番の青木宣親(アストロズ)が前進守備のキューバ内野陣の網に引っかかって山田を還すことができずに2死と追い込まれた。しかし、ここで筒香がしぶとく中前に抜けるタイムリーを放って同点に追いついた。

【次ページ】 筒香が放った2本の適時打が、いかに重要だったか。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
山田哲人
菅野智之
小林誠司
内川聖一
牧田和久
筒香嘉智
小久保裕紀
WBC

ページトップ