プロ野球亭日乗BACK NUMBER

「全員が納得することはありえない」
小久保采配は、勝利だけのために。

posted2017/03/16 12:05

 
「全員が納得することはありえない」小久保采配は、勝利だけのために。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

イスラエル戦後、ソフトバンクの王会長と固い握手を交わした小久保監督。ホークス時代の教え子に王会長は、ねぎらいの言葉をかけた。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

「行き当たりばったりですよ」

 米国行きを決めたイスラエル戦後の東京ドーム。投手陣を預かる権藤博投手コーチは淡々とした表情でこう語った。

 決勝ラウンド進出をかけた最後の戦い。序盤から両チームの先発が一歩も引かない投手戦の主役は、千賀滉大(ソフトバンク)だった。

 その日の先発を言われたのは、3日前に延長11回のタイブレークでオランダを破った試合の直後だった。

 この試合で中継ぎ登板して2回を無失点で切り抜けると、権藤コーチから先発を通告された。

 千賀は思わず「嫌です!」と答えたという。

 冗談と本音が入り混じった言葉だった。

「ゼロで抑えられたのが一番! いい投球ができました」

 2月23日に始まった代表合宿から、侍ジャパンでは先発としての調整は全く行ってきていなかった。心の準備もできていない。

 だから逆に無心でこの日のマウンドに上がれた。

「余計なことを考えてもよくない方向にいくので、ゼロに抑えることだけを考えました。ゼロで抑えられたのが一番! いい投球ができました」

 最後は左足のふくらはぎがつってしまい自ら降板を申し出た。それでも5回を1安打無失点で切り抜け十二分に期待に応えた。今大会の日本代表で先発投手が5回を投げたのも、無失点でマウンドを降りたのも、この千賀が初めてだった。

 実は「行き当たりばったり」は千賀の先発起用だけではない。

 大会直前の強化試合で2勝3敗と逆風の中で始まった本大会では、投手起用に疑問の声が流れていた。

【次ページ】 投手起用が、土壇場にならないと分からない!?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
千賀滉大
権藤博
小久保裕紀
牧田和久
則本昂大
青木宣親
小林誠司
田中広輔
秋山翔吾
内川聖一
WBC

ページトップ