プロ野球PRESSBACK NUMBER

ラミレス監督が明かす激戦の裏側。
DeNA初のCS、濃密な7試合の先に。 

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2016/12/28 07:00

ラミレス監督が明かす激戦の裏側。DeNA初のCS、濃密な7試合の先に。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

最後の最後まで白熱した戦いを見せた巨人とのCSファーストステージ。続く広島戦も含めてラミレス監督とチームが得た経験は財産となる。

今後はよりよいマネジメントができると確信している。

――やはり梶谷は2番ですか。

「今季の序盤はスモールベースボールを志向したが、終わった形で来季に臨みたい。梶谷は最初から2番で使うつもりだ。今季、彼が得た自信はすぐにでも生かされると思っている」

――監督自身、今季の経験は来季に生かせそうですか?

「この1年はチャレンジの日々であり、また学びの日々でもあった。特に選手たちとのコミュニケーションが難しかった。現役時代のチームメイトのなかには『一緒にプレーした仲なんだから俺を使ってくれよ』と期待していた選手もいただろうし、モチベーションを高くしてほしいと言いつつも状況によってはファームに行ってもらわなければならない選手もいた。

 日々、選手たちに挨拶する時は『How are you?(元気か?)』とは言わず、たいていは『Good morning』とだけ言うことにしていた。出番のない選手が『試合で使ってくれないのに元気なわけないだろう』と思うのは当たり前のことだからね。でも、1年間ともに戦い、コーチ陣との関係性も確立することができたので、コーチを介してぼくの考えを浸透させることができるようになった。今後はよりよいマネジメントができると確信している」

(通訳:長谷川有朋)

関連コラム

<< BACK 5 6 7 NEXT >>
7/7ページ
関連キーワード
横浜DeNAベイスターズ
アレックス・ラミレス
三浦大輔
梶谷隆幸
今永昇太

ページトップ