プロ野球PRESSBACK NUMBER

ラミレス監督が明かす激戦の裏側。
DeNA初のCS、濃密な7試合の先に。

posted2016/12/28 07:00

 
ラミレス監督が明かす激戦の裏側。DeNA初のCS、濃密な7試合の先に。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

最後の最後まで白熱した戦いを見せた巨人とのCSファーストステージ。続く広島戦も含めてラミレス監督とチームが得た経験は財産となる。

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 横浜DeNAベイスターズのラミレス監督が、2016年シーズンを振り返り、「ここまで話していいの?」というところまでじっくり語り尽くすNumberWeb独占の連続インタビュー。全4回シリーズの最終回は、われらがハマの番長・三浦大輔投手の引退試合のことから、チームにとって初めてのクライマックスシリーズの裏側を教えてくれました。負傷した梶谷隆幸選手の献身、今永昇太投手の戦う姿勢、そして、CSジャイアンツ戦の勝敗を決したあるコーチの“英断”とは?

――シーズン最終戦は三浦大輔投手の引退試合となりました。勝てば5割、2位の可能性も残っていたなかで、三浦投手をどこまで投げさせるかは難しい判断だったのではないでしょうか。

「一人の選手をどう起用すべきか、今シーズンのなかでいちばん考えたゲームだった。最後の試合だから、できれば7回まで投げてもらうのか。それとも5割到達を重視するのか。交代の際には代打を送るべきなのか。いろいろなことを考えながら、状況に応じて動かなくてはならなかった。

 ただ、すでにクライマックスシリーズ(CS)進出は決まっていたし、横浜スタジアムを埋め尽くしたファンのほとんどが、5割うんぬんではなく、三浦さんを見に来ていると感じた。途中から点差が開いたこともあり、引き延ばせるところまで引き延ばそうという考えになっていった」

現時点で、優勝できるかと言われればかなり厳しい。

――6回裏、三浦投手の打席で代打を送らず、7回1アウトを取ったところで降板させたのは篠原貴行投手コーチのアイディアだったのですか?

「ぼくがもう1人投げてもらおうと伝え、篠原コーチもそれが最高の形だと頷いた。ベンチの総意と表現すべきだろう。もしぼくが代打を送ろうとしていれば、篠原コーチは『次の回、もう1人いってもらいましょう』と言ってきたはずだし、ぼくたちの考えが一致していたことは間違いない」

――最終戦に敗れて、69勝71敗3分の3位でレギュラーシーズンを終えました。優勝するためには、何が足りないと感じていますか。

「あくまで現時点で、優勝できるかと言われればかなり厳しい。やはり戦力的な補強は必要だと思う。頼りになる選手、来季も結果を残してくれるであろう選手は3、4人いるが、十分な実績と経験をもっている選手の数自体は他チームに比べて圧倒的に少ない。下位打線の打点を見れば、おそらくカープはうちの2倍くらいあったのではないか。80打点近く稼いでくれる選手が3、4人はほしいところだ」

【次ページ】 CSでの梶谷バント練習は“メディア戦略”だった。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/7ページ
関連キーワード
横浜DeNAベイスターズ
アレックス・ラミレス
三浦大輔
梶谷隆幸
今永昇太

ページトップ