プロ野球PRESS 

世界がやっと菊池涼介に気がついた。データで見るNPB史上最高の守備能力。

世界がやっと菊池涼介に気がついた。
データで見るNPB史上最高の守備能力。

プロ野球PRESS

世界が菊池涼介に注目し始めた。WBC2017は、日本の快進撃に沸いている。アメリカでも大きく取り上げられるようになった。様々な選手が報道されているが、とりわけ菊池涼介の守備に大いに注目しているようだ。続きを読む

広尾晃Kou Hiroo

2017/03/17

WBC、西武ともに同じ覚悟を持って。秋山翔吾は「For The Team」の塊。

プロ野球PRESS

WBC、西武ともに同じ覚悟を持って。
秋山翔吾は「For The Team」の塊。

2017ワールドベースボールクラシックが開幕し、日本中の野球ファンがその勝敗に注目しているが、ふと気づけば、プロ野球ペナント… 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2017/03/15

WBC過去3大会、選手成績をマジ調査。最多安打はイチロー、最多勝は?

プロ野球PRESS

WBC過去3大会、選手成績をマジ調査。
最多安打はイチロー、最多勝は?

WBCには、投打のリーダーが必要だ。筒香嘉智、菅野智之には、その準備はできているか?WBC連覇は、イチローと松坂大輔がけん引し… 続きを読む

広尾晃Kou Hiroo

2017/03/07

プロ野球選手の名字で多いのは……。“田中フェチ”の球団って、どこ?

プロ野球PRESS

プロ野球選手の名字で多いのは……。
“田中フェチ”の球団って、どこ?

お行儀の悪い言葉だが「佐藤、鈴木に犬の糞」という言葉がある。どこにでもあるもの、珍しくないものの例えだ。 続きを読む

広尾晃Kou Hiroo

2017/03/05

最初の5年は天国、後の5年は地獄。浅尾拓也、肉体改造から復活を期す!

プロ野球PRESS

最初の5年は天国、後の5年は地獄。
浅尾拓也、肉体改造から復活を期す!

観客も報道陣もまばらな中日の二軍、読谷球場のブルペン。背番号「41」は周囲の視線を一切気にすることなく、遮二無二、腕を振っ… 続きを読む

伊藤哲也Tetsuya Ito

2017/03/02

神の足・鈴木尚広が語る盗塁と一芸。「意外と打ってるんですよ(笑)」

プロ野球PRESS

神の足・鈴木尚広が語る盗塁と一芸。
「意外と打ってるんですよ(笑)」

僅差の試合終盤、「代走・鈴木尚広」の名が告げられると巨人ファンが沸く。プロ野球ファンならここ数年見慣れた光景だった。史上… 続きを読む

茂野聡士Satoshi Shigeno

2017/02/27

高橋光成が受け止める11敗の重さ。期待に応えるためには、精度と体力!

プロ野球PRESS

高橋光成が受け止める11敗の重さ。
期待に応えるためには、精度と体力!

朝8時50分、宮崎県・南郷スタジアムに隣接された室内練習場に高橋光成が姿を現す。入念なストレッチのあと、多和田真三郎ととも… 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2017/02/26

甲子園に出て東大へ行く、は可能か。流行は文武両道ならぬ文武“別”道。

プロ野球PRESS

甲子園に出て東大へ行く、は可能か。
流行は文武両道ならぬ文武“別”道。

昨年暮れ、所用で東京大学駒場キャンパスに2日ほど通った。関西の私大卒の私にとって、東大は初めてだ。いい年をしているから警… 続きを読む

広尾晃Kou Hiroo

2017/02/19

プロ野球史上最もBMIが高いのは?金やん、王さんからおかわり君まで。

プロ野球PRESS

プロ野球史上最もBMIが高いのは?
金やん、王さんからおかわり君まで。

私は「野球の記録で話したい」というブログを足かけ9年にわたって執筆している。このサイトでは古今東西の記録にまつわる話を書… 続きを読む

広尾晃Kou Hiroo

2017/02/10

最多エラーにエース岸孝之の移籍。西武が守備面を立て直す方策は?

プロ野球PRESS

最多エラーにエース岸孝之の移籍。
西武が守備面を立て直す方策は?

12月26日、「CATCH the ALL つかみ獲れ!」という西武ライオンズの2017年シーズンのチームスローガンが発表された。 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2017/01/03

混乱を極めた2016年の中日――。大野雄大の魂の言葉は天に届くか?

プロ野球PRESS

混乱を極めた2016年の中日――。
大野雄大の魂の言葉は天に届くか?

球団創設80周年という節目に最下位の屈辱。それを象徴するような負の出来事は、7月23日、ナゴヤドームでのヤクルト戦で起きた。 続きを読む

伊藤哲也Tetsuya Ito

2017/01/02

「松坂世代」生き残りは18人――。西武・渡辺直人、衰えぬ闘争心。

プロ野球PRESS

「松坂世代」生き残りは18人――。
西武・渡辺直人、衰えぬ闘争心。

「松坂世代」が岐路に立っている。その代名詞ともなった松坂大輔は今、復活をかけてプエルトリコ・ウィンターリーグで奮闘中だ。… 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2016/12/30

ラミレス監督が明かす激戦の裏側。DeNA初のCS、濃密な7試合の先に。

プロ野球PRESS

ラミレス監督が明かす激戦の裏側。
DeNA初のCS、濃密な7試合の先に。

横浜DeNAベイスターズのラミレス監督が、2016年シーズンを振り返り、「ここまで話していいの?」というところまでじっくり語り尽… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

2016/12/28

筒香の覚醒、山崎とロペスの不振。ラミレス監督は主軸にどう対したか。

プロ野球PRESS

筒香の覚醒、山崎とロペスの不振。
ラミレス監督は主軸にどう対したか。

横浜DeNAベイスターズのラミレス監督が、2016年を振り返り、「ここまで話していいの?」というところまでじっくりとシーズンを語… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

2016/12/21

ラミレス監督、Number独占告白。外国人選手との交流は難しい!?

プロ野球PRESS

ラミレス監督、Number独占告白。
外国人選手との交流は難しい!?

横浜DeNAベイスターズのラミレス監督が、2016年を振り返り、「ここまで話していいの?」というところまでじっくりとシーズンを語… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

2016/12/14

ラミレス監督、Number独占告白!監督としての最初のミスと感動と。

プロ野球PRESS

ラミレス監督、Number独占告白!
監督としての最初のミスと感動と。

Number WEBでは、今季からチームを指揮するラミレス監督に、2016年シーズンを振り返っていただいてのロングインタビューを敢行。… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

2016/12/08

年間216安打の翌年は「中途半端」。西武・秋山翔吾は不器用で、誠実。

プロ野球PRESS

年間216安打の翌年は「中途半端」。
西武・秋山翔吾は不器用で、誠実。

'16年シーズンを振り返り、「すべてにおいて中途半端だった」と秋山翔吾は語る。「盗塁は20個に行かなかったし、打率も3割に到達… 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2016/12/05

母の声援、身重の妻、そして甲子園。トライアウト、23歳の夢のマウンド。

プロ野球PRESS

母の声援、身重の妻、そして甲子園。
トライアウト、23歳の夢のマウンド。

今年の12球団合同トライアウトは甲子園で行われた。何たる皮肉だと思った。高校時代の出場の有無はともかく、かつては明るい未来… 続きを読む

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

2016/11/15

事実上トライアウトは引退の儀式か。選手たちに諦念が漂っていた理由。

プロ野球PRESS

事実上トライアウトは引退の儀式か。
選手たちに諦念が漂っていた理由。

2016年のプロ野球12球団合同トライアウトの会場となった甲子園球場のロビーで旧知のカメラマンと立ち話をしていると、彼がこんな… 続きを読む

芦部聡Satoshi Ashibe

2016/11/14

盗塁王・金子侑司が生まれるまで。こだわりを捨て、周囲に愛されて。

プロ野球PRESS

盗塁王・金子侑司が生まれるまで。
こだわりを捨て、周囲に愛されて。

金子侑司がシーズン53盗塁を記録し、2016年パシフィック・リーグの盗塁王に輝いた。西武球団としては2010年の片岡易之(治大・巨… 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2016/10/19

1 2 3 4 NEXT >>

ページトップ