プロ野球PRESS 

控えから地道に西武の正捕手争い!岡田雅利流、若手の人心掌握術。

控えから地道に西武の正捕手争い!
岡田雅利流、若手の人心掌握術。

プロ野球PRESS

「岡田にも、ちゃんとお礼を言わないといけないですね」3勝を挙げて6月度の月間MVPを受賞した十亀剣が、女房役への感謝の言葉を口にした。続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2017/07/26

西武が掬い上げた水口大地は163cm!「野球を辞めようと思った年に」

プロ野球PRESS

西武が掬い上げた水口大地は163cm!
「野球を辞めようと思った年に」

選手たちの輪の中に混じると、ひときわ小さく見える163cmの体格。話を聞こうと待ち構えていても、ちょっと目を離した隙に姿を見… 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2017/07/11

「慎二さんが来なかったらクビに」西武が涙で送った名コーチ・森慎二。

プロ野球PRESS

「慎二さんが来なかったらクビに」
西武が涙で送った名コーチ・森慎二。

人はこんなにも急に去ってしまうものなのか。球場へ向かうユニホーム姿の大勢のファン。ストレッチで体をほぐす選手たち。そこに… 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2017/07/03

筒香、菊池、小林……WBCの真実。侍ジャパン100時間密着取材の告白。

プロ野球PRESS

筒香、菊池、小林……WBCの真実。
侍ジャパン100時間密着取材の告白。

「小林、覚醒したよ!」その時日本代表のベンチは、東京ドームを埋めたファン、そしてテレビ越しに熱戦を見つめた人々と同じく、… 続きを読む

茂野聡士Satoshi Shigeno

2017/06/26

西武打線、盗塁王帰還で完成形に!金子侑司&源田壮亮、魅惑の1・2番。

プロ野球PRESS

西武打線、盗塁王帰還で完成形に!
金子侑司&源田壮亮、魅惑の1・2番。

金子侑司が帰ってきた。5月30日、交流戦の開幕日。オープン戦で左スネを痛め、戦線を離脱していた昨年のパ・リーグ盗塁王が一軍… 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2017/06/14

「僕は目立たなくていい」守護神。西武・増田達至は温和な人、でも。

プロ野球PRESS

「僕は目立たなくていい」守護神。
西武・増田達至は温和な人、でも。

自軍の攻撃が2アウトまで来ると、切り替わるスイッチ。1球、2球、3球……と、徐々にボールに力を込める。3アウトになるのを見届… 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2017/06/01

平凡な選手が指導者になった時……。西武・星孝典が目指す“コーチの星”。

プロ野球PRESS

平凡な選手が指導者になった時……。
西武・星孝典が目指す“コーチの星”。

2016年11月23日、西武ライオンズのファン感謝デーでの背番号25が、星孝典の現役最後のユニホーム姿となった。イベントの最後、来… 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2017/05/16

昨季最多エラーの西武を救った新人。源田壮亮はショートも打撃も一線級。

プロ野球PRESS

昨季最多エラーの西武を救った新人。
源田壮亮はショートも打撃も一線級。

開幕から約1カ月が過ぎたが、ドラフト直後から即戦力ルーキーとして話題に上っていた源田壮亮がショートのポジション争いを一歩… 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2017/05/07

なぜ中日はこんなに弱くなったのか。日本ハムの苦境とは全く意味が違う。

プロ野球PRESS

なぜ中日はこんなに弱くなったのか。
日本ハムの苦境とは全く意味が違う。

原点回帰――。至ってシンプルな四字熟語が、森繁和監督が舵を取る新体制発足の今季のチームスローガンだった。 続きを読む

伊藤哲也Tetsuya Ito

2017/05/02

努力したと決して自分では言わない。西武・栗山巧が積み上げた1500試合。

プロ野球PRESS

努力したと決して自分では言わない。
西武・栗山巧が積み上げた1500試合。

今年、プロ入り16年目を迎える西武の栗山巧が、4月7日のソフトバンク戦でプロ史上187人目となる1500試合出場を達成した。 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2017/04/18

WBC、西武ともに同じ覚悟を持って。秋山翔吾は「For The Team」の塊。

プロ野球PRESS

WBC、西武ともに同じ覚悟を持って。
秋山翔吾は「For The Team」の塊。

2017ワールドベースボールクラシックが開幕し、日本中の野球ファンがその勝敗に注目しているが、ふと気づけば、プロ野球ペナント… 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2017/03/15

最初の5年は天国、後の5年は地獄。浅尾拓也、肉体改造から復活を期す!

プロ野球PRESS

最初の5年は天国、後の5年は地獄。
浅尾拓也、肉体改造から復活を期す!

観客も報道陣もまばらな中日の二軍、読谷球場のブルペン。背番号「41」は周囲の視線を一切気にすることなく、遮二無二、腕を振っ… 続きを読む

伊藤哲也Tetsuya Ito

2017/03/02

神の足・鈴木尚広が語る盗塁と一芸。「意外と打ってるんですよ(笑)」

プロ野球PRESS

神の足・鈴木尚広が語る盗塁と一芸。
「意外と打ってるんですよ(笑)」

僅差の試合終盤、「代走・鈴木尚広」の名が告げられると巨人ファンが沸く。プロ野球ファンならここ数年見慣れた光景だった。史上… 続きを読む

茂野聡士Satoshi Shigeno

2017/02/27

高橋光成が受け止める11敗の重さ。期待に応えるためには、精度と体力!

プロ野球PRESS

高橋光成が受け止める11敗の重さ。
期待に応えるためには、精度と体力!

朝8時50分、宮崎県・南郷スタジアムに隣接された室内練習場に高橋光成が姿を現す。入念なストレッチのあと、多和田真三郎ととも… 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2017/02/26

最多エラーにエース岸孝之の移籍。西武が守備面を立て直す方策は?

プロ野球PRESS

最多エラーにエース岸孝之の移籍。
西武が守備面を立て直す方策は?

12月26日、「CATCH the ALL つかみ獲れ!」という西武ライオンズの2017年シーズンのチームスローガンが発表された。 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2017/01/03

混乱を極めた2016年の中日――。大野雄大の魂の言葉は天に届くか?

プロ野球PRESS

混乱を極めた2016年の中日――。
大野雄大の魂の言葉は天に届くか?

球団創設80周年という節目に最下位の屈辱。それを象徴するような負の出来事は、7月23日、ナゴヤドームでのヤクルト戦で起きた。 続きを読む

伊藤哲也Tetsuya Ito

2017/01/02

「松坂世代」生き残りは18人――。西武・渡辺直人、衰えぬ闘争心。

プロ野球PRESS

「松坂世代」生き残りは18人――。
西武・渡辺直人、衰えぬ闘争心。

「松坂世代」が岐路に立っている。その代名詞ともなった松坂大輔は今、復活をかけてプエルトリコ・ウィンターリーグで奮闘中だ。… 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2016/12/30

ラミレス監督が明かす激戦の裏側。DeNA初のCS、濃密な7試合の先に。

プロ野球PRESS

ラミレス監督が明かす激戦の裏側。
DeNA初のCS、濃密な7試合の先に。

横浜DeNAベイスターズのラミレス監督が、2016年シーズンを振り返り、「ここまで話していいの?」というところまでじっくり語り尽… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

2016/12/28

筒香の覚醒、山崎とロペスの不振。ラミレス監督は主軸にどう対したか。

プロ野球PRESS

筒香の覚醒、山崎とロペスの不振。
ラミレス監督は主軸にどう対したか。

横浜DeNAベイスターズのラミレス監督が、2016年を振り返り、「ここまで話していいの?」というところまでじっくりとシーズンを語… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

2016/12/21

ラミレス監督、Number独占告白。外国人選手との交流は難しい!?

プロ野球PRESS

ラミレス監督、Number独占告白。
外国人選手との交流は難しい!?

横浜DeNAベイスターズのラミレス監督が、2016年を振り返り、「ここまで話していいの?」というところまでじっくりとシーズンを語… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

2016/12/14

1 2 3 4 NEXT >>

ページトップ