野球のぼせもんBACK NUMBER

王会長が認めた剛腕・山田大樹。
SB在籍10年目、崖っ縁の一手。

posted2016/11/24 07:00

 
王会長が認めた剛腕・山田大樹。SB在籍10年目、崖っ縁の一手。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

今季の登板で山田は腕が下がり気味のフォームで投げていた。王会長が評価した剛腕は、オーバースローでこそ輝く。

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 ホークスの中継ぎ左腕事情。

 これまで絶対的存在だった森福允彦が、今オフに国内FA権を行使した。まだ決定ではないとはいえ、ジャイアンツ移籍が濃厚と言われておりチームとしては痛手である。だが、出番に恵まれなかった選手にはこれ以上ないチャンスが巡ってくるわけだ。

 先頃まで行われた宮崎秋季キャンプ。ブルペンで2人のサウスポーが並んで投げていた。

 どちらの投手も、投球フォームを大胆に変えて来季に臨むつもりのようだった。

 特に注目を集めていたのは嘉弥真新也。オーバースローからサイド気味に肘を下げた。小柄ながら10月のフェニックスリーグで最速147キロもマークしたパワー系投手だが、「もうスピードにはこだわらない。球のキレで勝負したい」と決意をにじませる。ともかく、森福を彷彿とさせる変則投法への挑戦は意図が伝わりやすい。メディアの食いつきもよかった。

「ボクなんて気にされてないんですよ」

 一方、その真横で投げている左腕も間違いなく投げ方を変えていた。

 しかし、スポーツ紙をチェックしてもまったく報じられた様子がない。

「他に気がついた人はいませんよ。ボクなんて気にされてないんですよ」

 自虐的に笑い飛ばしたのは山田大樹。今季で10年目を終えた、身長189cmで体重92kgの大型サウスポーだ。

 これまではスリークォーター気味の腕振りで、走者なしでもセットポジションで投げていた。くせ球が特徴で、ストレートさえも動く。その代わりに球速は130キロ台中盤という軟投派だった。

「強い球を、取り戻したいんです」

 この秋季キャンプで新たに取り組んだのは、大きく振りかぶって、真上から投げ下ろす、例えるならば昭和の投手に多くいたような豪快な投げ方だった。

【次ページ】 「上げたら、上げっ放し。上から叩け!」の助言。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
山田大樹
福岡ソフトバンクホークス
森福允彦
嘉弥真新也

ページトップ