サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

目標がW杯上位進出だとしたら――。
オーストラリアに守ってドローでOK? 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2016/10/12 11:40

目標がW杯上位進出だとしたら――。オーストラリアに守ってドローでOK?<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

原口元気の最終予選3試合連続ゴールで先制するも、勝ち点3を取るには至らなかった。ハリルへの信頼感は維持されているだろうか。

「耐えてしのいだ勝点1」と受け止めていいのか。

 タテに速い攻撃で決定機を作れず、日本サッカーと日本人の長所を失ってもいるいまのサッカーに、「継続性」を感じるのは難しい。絶対評価としては積み上げているものがあるかもしれないが、グループ内の相対評価としてチーム力が上がっているのか、オプションが増えているのか、選手層は厚くなっているのかを問うと、すべてに疑問符がつく。

 W杯出場がこのチームの最終到達点なら、オーストラリア戦の勝点1を額面どおりに受け入れられる。『耐えてしのいだ勝点1』といった見出しも使える。

 このチームの最終的なターゲットは、W杯の連続出場をつなぐことではない。ハリルホジッチ監督が日本へやってきたのは、ロシアW杯で上位へ進出するためだ。そのための総合的なビジョンと、選手選考と、1試合ごとの戦略と、選手起用を、最終予選から見せていってほしいのである。

関連コラム

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
3/3ページ
関連キーワード
ヴァイッド・ハリルホジッチ
原口元気
ロシアW杯

ページトップ