ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

酒井高徳が感じていた「こんなもん」。
消えた向上心は、いかに復活したか。

posted2016/04/12 10:40

 
酒井高徳が感じていた「こんなもん」。消えた向上心は、いかに復活したか。<Number Web> photograph by AFLO

長らくドイツ、代表でのプレーを観ているので忘れがちだがまだ25歳。伸びしろは存分に残されている。

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

AFLO

 日本からの長旅を終えたあとのアウェーゲームはつらいものだ。

 もちろん、疲れはあった。

 しかし、2日のハノーファーとのアウェーゲームに3-0で勝利をつかんだあと、酒井高徳は笑顔を見せた。

「楽しいですね! 今は、楽しいです」

 2度も「楽しい」という言葉を口にした。最近の酒井は、これまでとは違う雰囲気をまとっている。

 少し前まで、酒井は苦しんでいた。昨年11月の代表戦では、所属するハンブルガーSV(HSV)での出場機会が少ないという理由でメンバーからも外れていた。

 一皮むけた。

 そんな表現が、今の彼にはふさわしいのかもしれない。ハノーファー戦のあとに、成長した実感があるのではないかと問うと、酒井はこう答えた。

「まぁ……少しは、ね。やっぱり、あまり試合に出られなかった1年弱の期間がけっこう、デカかったです。色々考えさせられたというか。まあそれは、おいおい話します(笑)」

ブンデスの日本人で最も流暢にドイツ語を話せる男。

 一体どういうことなのだろうか。

 翌週のハンブルクの練習場で、酒井は左サイドバックのポジションでトレーニングメニューに汗を流し、ときおり右サイドバックとしてもプレーしていた。練習が終わればセンターバックのスパヒッチと話し込み、そのあとには他の選手たちとともにリフティングゲームに興じていた。

 それはドイツで当たり前に活躍するフットボーラーの姿であり、酒井のことをよく知らない人からすれば、彼が日本からやってきた選手というのはわからないだろう。ドイツでプレーする日本人で最も流暢にドイツ語を話すのは、間違いなく酒井である。

【次ページ】 「こんなもんでいいだろう」という感情が出ていた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
酒井高徳
シュツットガルト
ハンブルガーSV

ページトップ