サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

経歴は長友佑都、タイプは内田篤人。
U-23・室屋成がリオへの道を切り開く。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/01/25 11:25

経歴は長友佑都、タイプは内田篤人。U-23・室屋成がリオへの道を切り開く。<Number Web> photograph by AFLO

世代別の代表に名前を連ね、プロからのオファーもありながら室屋成は明治大学での成長を選んだ。

イラク戦は室屋の人生にとって大きな試合に。

 準決勝のイラク戦に勝てば、リオ五輪への出場が確定する。室屋にとってもこれまでのサッカー人生の中での大一番になる。

「決勝もあるので90分で勝つのがベストですが、そんなに簡単にはいかないでしょう。たぶんイラン戦みたいな展開になると思うので、ミスを減らしてうまくゲームをコントロールしていきたいですね。ただ、イランと同じような相手との連戦ですし、相手のサイドの選手は強烈ですけど、イランとやって中東の選手の感覚を得たので止められる自信があります。攻撃では裏が取れそうですし、チャンスも作れると思うので、そこで決勝アシストを決められたら最高ですね」

 落ち着いた表情から溢れてくる言葉の端々には、ここまで戦って結果を出してきたという確かな自信が感じられる。試合を重ねるごとに、自らの成長の手応えも感じているはずだ。さらに自らの手でリオ五輪の出場権を獲得すれば、もうワンランク上のレベルにいけるだろう。イラク戦では、それを結果で証明してくれるはずだ。

関連コラム

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
3/3ページ
関連キーワード
室屋成
手倉森誠
長友佑都
内田篤人
リオデジャネイロ五輪
オリンピック

ページトップ