“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

岩波拓也と植田直通が紡いできた5年半。
U-23代表で蘇った「最強コンビ」。

posted2016/01/26 07:00

 
13日の北朝鮮戦で前半5分、CKに合わせて先制した植田(5番)を中心に歓喜する岩波(4番)たち。チームはこのまま1-0で逃げ切り勝利した。

13日の北朝鮮戦で前半5分、CKに合わせて先制した植田(5番)を中心に歓喜する岩波(4番)たち。チームはこのまま1-0で逃げ切り勝利した。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 岩波拓也と植田直通。

 この2人は良きライバルでもあり、良き相棒でもある。

 今から5年前の2011年6月、メキシコで開催されたU-17W杯で、彼らは“天国と地獄”を見た。鈴木武蔵、中島翔哉、南野拓実、室屋成、牲川歩見も出場したこの大会。岩波と植田が不動のCBコンビを組んだU-17日本代表は、ジャマイカ、フランス、アルゼンチンという強豪ひしめくグループリーグを無敗で1位通過。決勝トーナメント初戦となるラウンド16でも、ニュージーランドを相手に6-0の圧勝劇で、ベスト8まで駒を進めた。

 この時、植田をリードし続けたのが岩波だった。この大会の植田はCBに転向して、僅か1年あまりだった。

「本能」の植田と、「頭脳」の岩波。

 植田は大津高校入学時に、その高さと強さ、ずば抜けた身体能力を平岡和徳監督に見初められ、FWからCBにコンバート。一気に頭角を現し、U-17W杯の1年前の2010年7月、CB転向から僅か4カ月弱でU-16日本代表に招集されていた。当時、すでに神戸U-18とU-16日本代表で安定感抜群のCBとして君臨していた岩波は、「植田はヘッドが強いし、前に強い。なので、チームコンセプトのボールポゼッションは僕がリードして、あいつのストロングポイントを前面に出せるようにしてみた」と、まだまだ荒削りだった植田を力強くサポートした。

 これに対し、「僕はCBのことは何も知らなかったので、岩波という手本をいろいろ真似して学んでいけた。基本的に僕は『教えて』と言うキャラじゃなくて(笑)。負けず嫌いなので、うまいプレーはどんどん盗んでいこうと思っていました。岩波からよく言われたのは基礎の部分で、本当に勉強になりました。でも絶対に負けたくないライバルでもあったので、自分の持ち味を磨く事はこだわりを持ってやっています」と、植田もそのサポートに感謝しつつも甘えず、自己研鑽を怠らなかった。

 そして、コンビを組んで1年後のU-17W杯に話は戻る。

 対人に強く、空中戦には圧倒的な強さを発揮する「本能」の植田と、クレバーな判断力と植田に負けない空中戦の強さ、そしてポジショニングの上手さを発揮する「頭脳」の岩波。この最強コンビは、U-17W杯という世界の舞台で輝きを放った。

【次ページ】 ブラジルを相手に見た「世界の壁」。

1 2 3 4 NEXT >>
おすすめスポーツ動画

ページトップ