野球のぼせもんBACK NUMBER

“そこまでやるか!?”SB工藤野球。
痛恨のダブルプレーすら戦略の内。

posted2015/10/26 11:40

 
“そこまでやるか!?”SB工藤野球。痛恨のダブルプレーすら戦略の内。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

2連勝を決めたホークスは、次戦で今年はじめて神宮に足を踏み入れる。しかし工藤監督は「勝つ試合をするだけ」と自信をのぞかせた。

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 野球は生き物だ。特に日本シリーズのような短期決戦では、たった1つのプレーで勝利の女神を味方につけられることもあれば、はたまた敵に回してしまうこともある。わずかな隙も許されない。

 ホークスは本拠地ヤフオクドームでの1、2戦を連勝した。

 強い。

 圧倒的に強かった。

 大方の下馬評どおりとはいえ、ホークスの良さばかりが際立っていた。

スコア以上の力量差を印象付けていたホークス。

 自慢の強力打線は一発攻勢だ。初戦は松田宣浩、第2戦では李大浩に先制ホームランが飛び出して試合の主導権を握れば、投げてはシーズン13勝の武田翔太(初戦)、同9勝0敗のバンデンハーク(第2戦)が先発で期待どおりに快投した。第1戦4-2、第2戦4-0だったが、スコア以上に力量差を印象付けている。

 もともと「パ高セ低」などと言われて久しいプロ野球。そのパ・リーグで90勝したホークスである。

 だが単に、打った、投げたという試合ではなかった。

 そこまでやるか!

 スワローズからすればそんな言葉も言いたくなるほど、ホークスの野球はしたたかだ。一見すればボーンヘッドにしか映らないプレーもじつは戦略のうち。

 第1戦の8回裏、明石健志が試みたプッシュバントはまさしくそれだった。

失敗に終わっても「エサ撒き」と割り切る余裕。

 結果だけを見れば、一塁手がそのままキャッチして痛恨のダブルプレー。冒頭で書いたように、このようなプレーが相手に流れを渡しかねないし、実際に直後の9回表には4番畠山和洋に反撃の2ランを食らっている。

「まぁ、普通に転がせばよかったかもしれないですけどね」

 第2戦を前に、明石に声を掛けると含み笑いを浮かべてそう話した。

「でも、あれでエサを撒くことができました。次から内野手が少しだけでも前に出てくるでしょう。そうなれば、ヒットゾーンが広がるんで」

 にやりと笑った。

 ホークスは何を仕掛けてくるか分からない……。スワローズに恐怖感を与えられれば、それでよかったのだ。

【次ページ】 選手に浸透した“工藤野球”の真骨頂。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
福岡ソフトバンクホークス
松田宣浩
李大浩
武田翔太
明石健志
工藤公康
リック・バンデンハーク
日本シリーズ

ページトップ