JリーグPRESSBACK NUMBER

Jで一番“攻めた”LINEスタンプは!?
やはりサッカー同様、あのクラブが! 

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph byKawasaki Frontale

posted2015/08/31 11:30

Jで一番“攻めた”LINEスタンプは!?やはりサッカー同様、あのクラブが!<Number Web> photograph by Kawasaki Frontale

(右上から時計回りに)FW大久保嘉人、GK新井章太、MF谷口彰悟、MF中村憲剛のスタンプ。それぞれパンチが効きすぎている。

2015年版は、“ネタ要素満載”で攻めまくり!

 続いて、選手スタンプである。

 川崎は昨シーズンも可愛らしいデザインの選手スタンプを販売していた。その中には杉山力裕、稲本潤一、中澤聡太、ジェシ、パウリーニョら昨季限りでチームを去った選手も多い。

 アップデートした新シリーズはどうするのか……とひそかに注目していたところ、2015シーズンに所属する中心選手で構成されたものが6月下旬に販売された。

 ただ、前回のものと大きく違うのは、ファンシーさよりも“ネタ的要素”に振り切っている点だ。

 果実販売で有名なDoleが川崎のスポンサーということもあるのだろうが、謎のバナナのカツラをかぶっている大久保嘉人に、LOVEとハートマークが満載の谷口彰悟。そしてボールそっちのけで蝶々を追いかける森谷賢太郎……。

 ピッチで見せるサッカーと同様、攻めまくっている。

ファンの感触は上々、他クラブの猛追に期待!?

 ちなみに、このスタンプを愛用する川崎ファンにトークで感想を聞いてみたところ、

「相変わらずフロンターレさんの考えること、ステキ!!」(20代女子)

「子供にこのスタンプを見せると喜ぶからねえ」(30代男子)

 などなど。着実に心をつかんでいるらしい。

 もちろん、鋭いパスで「OK」サインを出す中村憲剛やゴールに歓喜する大久保など、汎用性が高くカッコいいものもある。緩急自在のスタンプ40種類は、サポーターならずとも心惹かれてしまう。というか筆者も気づけば購入していた。ミイラ取りがミイラに……というオチである。

 有料の「クリエイターズスタンプ」で人気を博せば、クラブにとっても貴重な収入源となる。ただ、一人でも多くの人に使用してもらうためには、プラスアルファの工夫が必須。果たして川崎を猛追するようなインパクトのスタンプの出現はあるのか。

 ピッチと同じくらいの熱い競争が生まれれば……と期待して待とうと思う。

関連コラム

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
3/3ページ
関連キーワード
川崎フロンターレ

ページトップ