JリーグPRESSBACK NUMBER

昨季のJ王者とK王者がACLで死闘!
アウェーでガンバが及第点のドロー。

posted2015/08/27 12:15

 
昨季のJ王者とK王者がACLで死闘!アウェーでガンバが及第点のドロー。<Number Web> photograph by Getty Images

厳しいマンマークにあいながらも果敢にゴールを目指した宇佐美。最後まで攻めの姿勢だけは変わらなかった。

text by

吉崎エイジーニョ

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

PROFILE

photograph by

Getty Images

“悪くはなかったけど、良くもなかったゲーム”

 試合後、取材エリアで遠藤保仁はこう口にした。

 平日にもかかわらず、2万3000人が集まったアウェーゲーム。韓国・全州の地で8月26日に行われたアジアチャンピオンズリーグ準々決勝の初戦、全北現代モータースvs.ガンバ大阪の対戦は、0-0のスコアレスドローで幕を閉じた。

 確かにガンバはいいサッカーは展開できなかった。長谷川健太監督も試合内容について「ガンバらしくはなかったが勝ち点1は手にできた」という表現を用いた。

 それでも、ゲームを紐解いていくと、2戦トータルでの勝ち上がり(ホームでの第2レグは9月16日に行われる)に期待の持てるゲーム内容だったのではないか。

昨季のJリーグ王者とKリーグ王者の死闘!

 昨季のJリーグ王者とKリーグ王者の対決は、序盤から全北ペースでゲームが進む。

 全北は、グループリーグの柏レイソル戦で見せたような、左サイドのレオナルドのスピード、1トップのイ・ドングのパワー、トップ下のイ・ジェソンのテクニックをベースに力強い攻撃を仕掛けた。ガンバは通常どおりの4-4-2の布陣で前半はMF倉田秋をジョーカー役としてベンチに置いていたが、全北から9分、12分、33分と3回、見事な攻撃の組み立てからのシュートを許していた。

 そんななかでも、DF丹羽大輝は「相手が攻めてくる時間帯をしのげば、流れは変わってくる」と読んでいた。

 ゲームが大きく動き始めたのは65分前後からだった。

 66分、左サイドから全北のルイス・エンリケが突破を仕掛け、中央のイ・ドングにボールが渡った。フリーの位置でボールを流し込むだけに見えたイだったが、わずかに合わず、ガンバはことなきを得た。

 70分、全北MFイ・ジェソンが中央に切れ込み、利き足の左足でシュート。

 同じく70分、この日相手マークに苦しんだ宇佐美貴史がこのゲームで初めての突破を見せる。中央からペナルティエリア左に流れるドリブルから左足でシュート。

 このあたりから、スタンドの雰囲気が「そろそろ全北が先制しないと、逆にやられてしまう」という空気に変わっていった。これに呼応するように、ピッチ上ではワンプレーが直接試合の結果に影響を及ぼすような展開が続いた。

【次ページ】 お互いギリギリの攻防の結果だった0-0のドロー。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
宇佐美貴史
長谷川健太
チェ・ガンヒ
ガンバ大阪
全北現代

ページトップ