Number ExBACK NUMBER

日本酒の魅力をミラノから世界へ。
中田英寿のプロジェクトを支えた人々。 

text by

川上康介

川上康介Kosuke Kawakami

PROFILE

photograph byKosuke Kawakami

posted2015/07/17 10:40

日本酒の魅力をミラノから世界へ。中田英寿のプロジェクトを支えた人々。<Number Web> photograph by Kosuke Kawakami

中田英寿と「日本の塗師」プロジェクトの5人の研修生たち。

  中田英寿がミラノ万博のファッションウイーク(ミラノコレクション)に合わせて期間限定で展開した「SAKENOMY Project supprted by e仕事」プロジェクトには、イタリア国内だけでなく世界中から多くの人々が集まり、日本酒の魅力を味わってもらった。

  シリーズ最終回の今回は、このイベントを支えた日本全国の蔵元や陶芸家、漆芸作家と「日本の塗師」プロジェクト研修生たちの声をお届けする。

 中田英寿は、これまで世界に日本酒を広める活動を何度も行ってきた。そのたびに驚かされるのは、彼の活動に賛同して、参加する“仲間”が多いことだ。

 今回、全国の蔵元からは計28人がミラノにやってきた。彼らは、シフトを組んでSAKENOMYのカウンターに立ち、スタッフとして接客しながら日本酒のPRを行う。観光する時間はほとんどない。

「僕らは酒を作ることはしますが、直接お客さんと接する機会は少ない。海外のお客さんならなおさらです。でもこういうチャンスがあると、直接話を聞けて勉強になることが多い。中田さんや他の蔵元の方などと話しながら、刺激を受けることもすごくあるので、できるだけ参加するようにしています」(参加した蔵元のひとり)

世界中の人たちに、日本の“器”文化を知って欲しい。

 今回、中田が掲げたテーマのひとつが“器”。

 オリジナルの酒器を製作した美濃焼の陶芸家・林恭助さんは、サンパウロに引き続き参戦。またSAKENOMYで「飲みやすい、美味しい」と大評判だった漆の酒器の製作に携わったのは、人間国宝の漆芸作家・室瀬和美さんだ。オープニングレセプションには、凛とした和服姿で参加し、ゲストたちの注目の的になった。

室瀬さんの指導のもと、研修生たちが作った漆の酒器。酒樽や絵馬なども展示した。

「あんなにたくさんの人が集まると思っていませんでした(笑)。海外の方でも漆の器の口当たりのよさを理解してもらえて嬉しかったですね。こういうところから日本文化の素晴らしさが伝わっていけばいいと思います」

 実は、この漆の酒器を製作したのは、人材派遣会社の日研総業が行っている「日本の塗師」プロジェクトに参加した5人の研修生たちだ。

 厳しい審査を経て選抜された20~30代のモノづくりに興味のある若者たちが室瀬さんのもとで学び、作り上げた器がミラノで使われたのだ。

【次ページ】 伝統工芸の奥深さを垣間見ることになった5人。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
中田英寿

ページトップ