SCORE CARDBACK NUMBER

十両の土俵を熱くする次世代のホープたち。
~石浦、天風、阿炎……光る個性~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2015/05/08 10:00

師匠の錣山親方のあだ名から四股名を付けられた阿炎。序二段と三段目で優勝も経験した。

師匠の錣山親方のあだ名から四股名を付けられた阿炎。序二段と三段目で優勝も経験した。

 今、十両の土俵が熱い。先の3月場所で新十両デビューした3人は、特に個性的でもある。

 173cmの小兵の業師・石浦は、相手の懐に潜り込んでの下手投げを得意とし、「銭の取れる相撲」で土俵を沸かせた。天風は200kgの巨体を生かし、思い切りのいい相撲で10勝5敗の好成績を上げてもいた。弱冠二十歳の阿炎(あび)は、惜しくも7勝8敗と負け越したが、長い手を駆使したその突っ張りには、若さがはじけていたものだった。

 なかでも阿炎は、高校相撲部出身ながら、特筆すべき実績はないものの2年足らずで関取に昇進。8頭身のスタイルに伸びやかな長い脚、黒目がちで切れ長の目が印象的だ。負け越した悔しさをぶつけるかのように、稽古場の土俵では眼光鋭く、がむしゃらに相手に向かっている。稽古後は一転、あどけなさの残る顔で屈託のない笑顔を振りまき、その初々しさがまぶしいほどだ。

 回転よく、次々と早く繰り出す突っ張りの技術を、今、ひたすらに磨いている。まだまだ伸び盛りのそんな愛弟子に、師匠である錣山親方(元関脇寺尾)が、目を細めていた。

「これからの課題は、まずはもっと筋力をつけること。まだまだ子どもの体だし、性格も……見たまんまですよ。子どもなんだよねぇ(笑)」

元アマ横綱・大翔丸や阿武咲、輝らも大器の予感。

 さらにこの5月場所では、遠藤の1学年後輩にあたり、元アマ横綱である大翔丸が、新十両として土俵に上がる。そのほかにも、わずか18歳、スピード感ある活きのいい突き押し相撲が身上の阿武咲(おうのしょう)や、192cmの大型力士の輝も、その大器ぶりが期待されている。「大相撲 二軍」の土俵に注目が集まっているのだ。

 39歳まで現役を勤め上げた「土俵の鉄人」――寺尾の部屋には、山本五十六元帥の格言が掲げられ、稽古の仕上げには、弟子たちが揃って大声で唱和している。

「苦しいこともあるだろう/言いたいこともあるだろう/不満なこともあるだろう/腹の立つこともあるだろう/泣きたいこともあるだろう/ これらをじっとこらえてゆくのが男の修行である」

 次世代のホープたちが胎動し始めた今、かつての鉄人は、ポツリと言った。

「男の修行はまだまだ。これから始まるんですよ」

関連コラム

ページトップ