松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

2番のイーグル、12番のチップイン。
松山が感じていた“幸運と必然”とは? 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/04/11 12:10

2番のイーグル、12番のチップイン。松山が感じていた“幸運と必然”とは?<Number Web> photograph by Getty Images

2番でマスターズ初となるイーグルを奪った松山英樹。首位のスピースと11打差の12位タイで決勝ラウンドを迎える。

 松山英樹の2日目のティタイムは午後1時26分。昼下がりのせいか、それとも2日目を迎えて人々が今年のマスターズの雰囲気に少しこなれてきたせいか、1番ティの周囲に漂う空気は前日ほど張り詰めてはいなかった。

 練習グリーンでパットを仕上げる松山の表情も初日より柔らかくなっていた。心地いい風が肌を撫でる。この風はこれからスタートしていく松山の味方になるのか、敵になるのか。いい1日になってくれるだろうか。そんなことを考えながらパット練習を眺めていたら、彼の出番がやってきた。

 初日同様、今日もまた2本のロープの間の小道から大舞台に上っていった。柔和だった表情は、いつの間にか厳しく変わっている。

2番でイーグル獲得も、3番からは急転直下……。

「ヒデキ・マツヤマ。ナウ、ドライブ」

 スターターのトビー・ウィルトの声を合図に、ドライバーを手にした松山はセットアップに入った。

 第1打は前日とほぼ同じフェアウエイ左サイドのファーストカットへ。次打でピン右下8メートルに乗せ、きっちり2パットでパー発進。固唾を飲んでパーパットを見つめた初日と比べると、2日目の発進には少しばかり余裕が感じられた。

 続く2番はパー5。フェアウエイを捉えた松山は289ヤードの第2打に3番ウッドを握り、グリーンをヒットしたボールは面白いようにピン方向へ寄っていった。4メートルをスルリと沈めて、イーグル獲得。早くもいい流れができはじめた。

 いい1日になりそうだ。きっと今日は青空が広がる快晴だ。そう思える出だしだった。

 だが、3番は第2打がわずかにショートしてグリーン手前へ跳ね戻り、第3打は寄せ損なって、ボギーを叩いた。7番では3パットして再びボギー。パー5の8番では2メートルのバーディーパットを外して、パーどまり。

 折り返し後の10番でも短いバーディーパットを外した。11番では10メートルのファーストパットがカップの80センチほど手前で止まった。想像以上のショートだったのだろう。松山は腰に手をやり、天を仰いだ。

 2番のイーグルは何だったのか? 3番からは急転直下。せっかくの青空に瞬く間に暗雲が立ち込め、重い空気に包まれた。

【次ページ】 だが、松山の目は別のことをとらえていた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
松山英樹
マスターズ
ジョーダン・スピース
勝負を決める108mm
マスターズ

ページトップ