サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

先発一新はハリルJだけじゃない!
中1日の五輪予選にU-22の策は? 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/04/01 16:30

先発一新はハリルJだけじゃない!中1日の五輪予選にU-22の策は?<Number Web> photograph by AFLO

3試合に唯一先発した遠藤航。湘南ベルマーレで2011年からコンスタントに出場してきた実戦経験は、U-22代表でも頭一つ抜けているといえる。

 試合によって選手を入れ替えたのは、ハリルホジッチ監督だけではない。

 3月27日から31日にかけて、リオ五輪アジア1次予選が行なわれた。マレーシア、ベトナム、マカオとの4カ国による総当たりリーグ戦は、中1日で3試合を消化するハードスケジュールだった。

 その3試合に、U-22日本代表の手倉森誠監督は、試合ごとに異なるスタメンで臨んだ。全試合に先発したのは、キャプテンでボランチの遠藤航(湘南ベルマーレ)だけである。第3GKを除く22人が、マレーシア郊外のシャーアラム・スタジアム──1996年のアトランタ五輪予選を勝ち抜いた、日本サッカーにとって忘れ得ぬ地──のピッチに立った。

 ローテーションで3試合を乗り切ったのは、体力の消耗を抑えるためだった。そのうえで手倉森監督は、「対戦相手に応じて誰が効果的に機能するのか」という前提に立って先発を選び、前線においては組み合わせのテストも行なわれている。

 テストの中心にいたのは、久保裕也と南野拓実だ。ヤングボーイズ(スイス)でプレーする21歳と、1月にザルツブルク(オーストリア)に加入した20歳は、昨年12月のタイ・バングラデシュ遠征以来の合流である。

久保裕也をクラブと同じトップ下に据える。

 ザルツブルクとの取り決めで2試合目までしか帯同できなかった南野は、第1戦で途中出場し、第2戦は先発で起用された。どちらも左サイドハーフで起用された南野だが、コアメンバーのMF中島翔哉(FC東京)と、親善試合以外では初めて同じピッチに立つことになった。そして、第2戦には、久保も先発していた。

 こちらもヤングボーイズから最大2試合までの出場との条件がついていた久保は、第3戦にはトップ下で出場した。手倉森監督の狙いは、「彼はクラブでトップ下をやっている。前線には大きな選手がいるということなので、武蔵と組ませてみたい」というものだった。

 185cmの鈴木の後方に久保が控えるコンビについて、指揮官は「裕也は足首を痛めていて万全ではなかったけど、いいところでボールを収めてくれるね」と手ごたえをつかんだ。久保は後半途中で退いたが、1-0の勝利につながるヘディングシュートも決めている。

【次ページ】 五輪最終予選も、中1日の過酷な日程。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
手倉森誠
久保裕也
南野拓実
中島翔哉
鈴木武蔵
リオデジャネイロ五輪
オリンピック

ページトップ