サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

アジア杯GL3戦無失点は史上初!
“防波堤”長谷部誠は役者が違う。  

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2015/01/21 11:45

アジア杯GL3戦無失点は史上初!“防波堤”長谷部誠は役者が違う。 <Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

アンカーという守備の負担が重いポジションでありながら、攻撃にも効果的に参加する長谷部誠。彼もまた、キャプテンである前に、やはり一人のサッカー選手なのだ。

 白いカモメが群れをなして、メルボルンの夜空を気持ちよさそうに泳いでいた。

 9試合ぶりとなる香川真司のゴールを祝うように。グループリーグを3戦全勝したアギーレジャパンの1位突破を祝うように。

 王者の全勝突破は、当然と言えば当然。とはいえ、3試合すべて失点ゼロで抑え切ったことは過去、日本のアジアカップの戦いのなかで一度もなかった。パレスチナ、イラク、そしてヨルダン。あまり歯ごたえのなかった対戦相手の力量はあるにせよ、集中力を切らすことなく相手に隙らしい隙を見せなかったことの証明でもある。

 堅守というアギーレジャパンの武器。

 攻から守への切り替えが早く、リスクマネジメントを図りながら守備の数的有利を崩さない。一つひとつのプレーの徹底とチーム全体の守備意識の高さが、クリーンシート(無失点試合)を続ける要因となっている。

 だがそれもこれも、中央の幹がしっかりしているから。吉田麻也、森重真人のセンターバックコンビがドンと真ん中で構えてボールをはじき出し、アンカーを担う長谷部誠がその前で「防波堤」となる関係性。この日も相手の前に立ちはだかったのが彼らであり、中でも大きな役割を果たしたのが長谷部だった。

防波堤を破るべく、ヨルダンが採った策とは?

 ヨルダン戦のポイントは試合の立ち上がり。

「相手の8番はパッションというか情熱的というか、とにかく運動量が多いですし、そこでうまくつぶせればいいなと考えていました。まあそんなにやらせる場面はなかったかな、と」

 勝てばグループリーグ突破のチャンスを残すヨルダンは、2013年3月のW杯アジア最終予選でのアップセットを再現すべく、ラフファイトも厭わずに立ち向かってきた。

 ヨルダンの中盤はダイヤモンド型。防波堤を破るべく、長谷部と対峙するトップ下には最も荒々しくファイトしてくる背番号「8」、FWサイフィを置いてきたのだ。

【次ページ】 攻守にサイフィを圧倒した長谷部。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ハビエル・アギーレ
本田圭佑
香川真司
長谷部誠
遠藤保仁
森重真人
吉田麻也
アジアカップ

ページトップ