フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

町田とコフトゥンがGPファイナルへ。
残るNHK杯で出場権を得るのは誰? 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/11/25 16:30

町田とコフトゥンがGPファイナルへ。残るNHK杯で出場権を得るのは誰?<Number Web> photograph by Getty Images

GPファイナル出場は3度目となる町田。一昨年は6位、昨年は4位と順位を上げており、今年は「三度目の正直」と意気込みを見せている。

 11月21日からフランスのボルドーで開かれていたフランス杯も無事終了。これでGPシリーズ6試合中、残すところは今週末のNHK杯のみとなった。

 フランス杯ではロシアのマキシム・コフトゥンが優勝、町田樹が2位となった。

 もっとも、二人とも自己ベストな演技とはほど遠く、コフトゥンはSPで2度転倒して6位という位置から、フリーでの逆転勝利。町田はSPではルッツで手をつき、フリーでは冒頭の4回転で転倒と彼らしくないミスが出た。総合スコアは初戦のスケートアメリカより30ポイント以上低かったものの、SP総合とも2位を保った。

「すごく緊張してジャンプが不調だった。場にのまれてしまってベストな演技ができませんでした」と町田はコメント。

 SPで1位だったデニス・テンは、フリーでは2度アクセルで失敗してフリー5位、総合3位に落ち込んだ。

 それぞれ満足のいかない演技だったのだろう。あまり笑顔のない表彰式となった。

町田、コフトゥンともにGPファイナル進出決定。

 それでもスケートアメリカで優勝した町田と、中国杯で優勝したコフトゥンは、12月にバルセロナで開催されるGPファイナル行きの切符を手にした。町田は3年連続、コフトゥンは2年目の出場となる。これでロシア杯優勝のハビエル・フェルナンデスとあわせて、男子は3人の出場が決定したことになる。

 残りの半分、3枠は最終戦であるNHK杯の結果が出るまでわからないという事態となった。

 スケートアメリカで2位だったジェイソン・ブラウンが2戦目のロシアでは5位と沈み、ファイナル進出の可能性がほぼなくなったこともあり、最後の最後まで読めないファイナルの選抜となったのである。

羽生結弦はNHK杯に出場できるのか?

 フランス杯では、中国のエン・カンが出場している。中国杯のフリー直前のウォームアップで、羽生結弦と衝突したエン・カンだったが、その後遺症だろうか、ここでは4回転の転倒などもあり総合8位に終わっている。

 だが衝突事故の影響は、羽生のほうがさらに大きく受けている。

 全治2~3週間の診断を受けたことを思うと、普通に考えればNHK杯出場は無理だろう。だがあの事故の直後ですら棄権をしなかった羽生のこと、易々とあきらめはしないことは容易に想像できる。

【次ページ】 では、GPファイナルに進出する選手は誰なのか?

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
羽生結弦
マキシム・コフトゥン
町田樹
デニス・テン
ハビエル・フェルナンデス
ジェイソン・ブラウン
エン・カン
宮原知子
村上佳菜子
グレイシー・ゴールド
アシュリー・ワグナー

ページトップ