オリンピックへの道BACK NUMBER

萩野公介が悠々と超えた日本人の壁。
不可能と言われた自由形での躍進。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/09/28 10:50

萩野公介が悠々と超えた日本人の壁。不可能と言われた自由形での躍進。<Number Web> photograph by AFLO

アジア大会では4個の金メダルを獲得した萩野公介。200m、400m自由形、200m、400m個人メドレーでの優勝は“マルチスイマー”の名に相応しい活躍だ。

 8月のパンパシフィック選手権でも大活躍を見せた競泳の萩野公介が、アジア大会ではさらに強さを発揮した。

 たくさんのメダルを手にした中でも、200m自由形の泳ぎは圧巻だった。

 この種目には、北京、ロンドン五輪でともに銀メダルの朴泰桓(韓国)、ロンドン五輪で銀メダルを獲得(朴と同着)し、アジア記録保持者でもある孫楊(中国)と、世界でもトップクラスの2人がそろう。

 萩野自身、大会前に設定していた目標では、金メダルとしていたのは本職とも言える200m、400m個人メドレーの2つで、200m自由形を金メダルを狙う種目とはしていなかったという。

「1位を取れるとは思っていませんでした」

 萩野自身もレースの後にそう口にしているように、2人のスイマーに挑むという気持ちが強かったのだろう。

150mまでは3位、そこから追い上げ、かわしての金。

 そんな萩野だが、レースでは堂々とした素晴らしい泳ぎを見せた。

 150mまでは、孫、朴に続く3位につける。そこからレースは動いた。

 埋め尽くされた観客席の大声援の中、先頭の孫を追い上げる朴の後ろから、萩野も上がっていく。まず朴をかわすと、孫との一騎打ち。最後は0秒05差という接戦を制し、トップでゴール。2人を破っての金メダルは、まさに金星と言える快勝だった。

 パンパシフィック選手権では、同種目で0秒1差で金メダルを逃している。前半の入りが速すぎたという反省を生かし、アジア大会では後半に勝負をかけたが、その戦略も功を奏した。

 タイムは1分45秒23。高速水着時代に樹立された日本記録を0秒01更新する新記録だった。しかもこのタイムは、今シーズンの世界ランキングでは2位に相当し、昨年の世界選手権にあてはめてみても、銀メダルとなる。

【次ページ】 戦略の成功、自由形の強化が結実した大会に。

1 2 NEXT
萩野公介
オリンピック

ページトップ