Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<独占公開、W杯の真実> 矢野大輔・ザックジャパン通訳日記 ~ラストピースをめぐる指揮官の逡巡と決断~ 

text by

PROFILE

photograph byHirofumi Kamaya

posted2014/09/04 11:00

5月5日、代表スタッフから挙がった選手の名前は……?

 当然、勝負の世界の出来事なので、W杯で負けた代表チーム、そのトップである監督が批判に晒されることは覚悟できていた。それでも、頭で分かっていても、腑に落ちない部分がいくつもあった。ザッケローニ監督がやろうとしていたことは、正しく理解されていないんじゃないか、と……。

 この4年間、ザッケローニ監督は全身全霊を傾けて日本代表チームを作り上げてきた。その事実をより多くの人に伝えていきたい。今はその思いが何よりも強い。

 僕が4年間付けてきた日記を、ブラジルW杯メンバー発表の1週間前から公開したいと思う。

<メンバー選考のミーティング 2014年5月5日(月)>

 10時からテクニカルMTG(ミーティング)。Jの視察報告。今野の調子がどうかとか、遠藤のコンディションが読めないとか、柿谷がセンターフォワードで出られていないとか色々話す。そしてメンバー選考へ。スタッフからは次の選手たちの名前が挙がった。

GK 川島永嗣、西川周作、権田修一

DF 内田篤人、酒井宏樹、吉田麻也、森重真人、水本裕貴、今野泰幸、伊野波雅彦、塩谷司、長友佑都、酒井高徳、安田理大、槙野智章

MF 長谷部誠、山口蛍、細貝萌、遠藤保仁、青山敏弘、岡崎慎司、清武弘嗣、工藤壮人、石原直樹、小林悠、本田圭佑、中村憲剛、香川真司、齋藤学

FW 李忠成、豊田陽平、柿谷曜一朗、大迫勇也

 いつもと同じように注意深くスタッフの意見に耳を傾ける監督。しかしいざ監督として何かを決断する時は、自分の信念のもと、誰にも左右されない。もう頭の中ではメンバーは固まっていると思う。

◇   ◇   ◇

代表候補の活躍が大きく報じられる中、ザックは「23人」に頭を悩ませた。
そして発表前日、矢野通訳は指揮官の命を受け“ある選手”と連絡を取った。
代表漏れした選手への率直な評価、矢野がかわした中村憲剛らとの会話。
知られざるやり取りと、日本代表の本番までの準備が今、明らかになる!

つづきは、雑誌「Number」860号でお読みください。


Sports Graphic Number 860
日本サッカー再生計画。 【直撃インタビュー】 ハビエル・アギーレ 「私は戦える集団を作りたい」
【独占インタビュー】 ザッケローニ 「日本が次のステップで歩むべき道」
【師弟対談】 岡田武史×遠藤保仁 「W杯と日本代表を本音で語ろう」
【次世代のエース候補】 南野拓実/宇佐美貴史/久保裕也
【独占公開】 矢野大輔 ザックジャパン通訳日記 「ブラジルW杯の真実」定価:570円(税込)    目次ページへ

関連コラム

BACK 1 2
2/2ページ

ページトップ