セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

「本田のゴールは攻撃の理想形」
開幕戦勝利でミランに満ちる一体感。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/09/01 16:30

「本田のゴールは攻撃の理想形」開幕戦勝利でミランに満ちる一体感。<Number Web> photograph by AFLO

プレシーズンから得点を量産していた本田圭佑が、開幕戦でもチームの今季初となる得点を決めた。「ミランの10番」がついにその真価を発揮しようとしている。

 最初のチャンスに、迷うことなく打ち抜いた。

 本田圭佑の放ったシュートが、ラツィオGKベリシャの股の間を抜けて、その背後で勢いよく弾けた。

 本田はそれを見届けると、左腕を何度も突き上げ、カッと目を見開いたままチームメイトへ力強く吠えた。

 今季の開幕ゴールを挙げたミランの10番に、サンシーロが沸騰する。地鳴りのような歓声とどよめきは、その後数分間にわたって止まなかった。

 難敵ラツィオとの開幕戦。指揮官として初めてサンシーロに立つ新監督インザーギは、やはり初めてセリエA開幕戦に挑む本田を3トップの右で先発起用した。中央にはFWメネズ、左にはFWエルシャーラウィが入った。

本田「ギリギリの勝負を制することができて嬉しい」

 そして本田は期待に応え、キックオフ後わずか7分で訪れたファーストチャンスに、先制点を奪う大仕事をやってのけたのだ。

 DFボネーラからのロングパスを受けたエルシャーラウィが、スピードにのったまま相手DF2人をかわして左サイドを一気に攻略、ゴール前右前方に飛びこむ本田へ低いクロスを出した。

 本田は、的確に右足で捉えた。ダイナミックかつ丁寧なゴールだった。

「あの1本を外していれば、今日は0ゴールだった。決めていなかったら、試合に勝てていたかわからない。そういうギリギリのところで勝負を制することができたのは嬉しい」

 本田自身が試合後に語った通り、難しいからこそ開幕ゴールには特別な効果がある。本田の先制弾によって、ミランは開幕戦の緊張から解き放たれた。

 20分、本田は右サイドでボールをキープし、右SBアバーテとのワンツーでゴール前に切り込んで、ゴール裏を再び大きく沸かせた。

 インザーギがピッチに送り出した11人は、それぞれのポジションを正確に守っていた。背伸びして無茶なパスワークをこねくり回すより、愚直に一つ一つのプレーのズレを少なくすることが、攻守の効果を高めているように見えた。

【次ページ】 交代する本田を包んだ、敬意のこもった拍手。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ACミラン
本田圭佑
フィリッポ・インザーギ
ステファン・エルシャーラウィ
ジェレミー・メネズ
ディエゴ・ロペス

ページトップ