ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

コスモポリタンへのレッスン。
~『サッカーと人種差別』を読む~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byRyo Suzuki

posted2014/09/02 10:00

コスモポリタンへのレッスン。~『サッカーと人種差別』を読む~<Number Web> photograph by Ryo Suzuki

『サッカーと人種差別』陣野俊史著 文春新書 750円+税

 ダニエウ・アウベスがバナナを拾って口に入れた。その後、口をもぐもぐとしながらコーナーキックの狙いを定め、ボールを蹴る。このわずか数秒の出来事を捉えた映像が、全世界を駆け巡ったことは記憶に新しい。

 バナナはずっと人種差別の象徴的な記号だった。それをひょいと拾い上げ、皮肉を込めてパクリと食べたアウベスのユーモアは瞬く間に世界中の支持を得る。そして、同じようにバナナを食べる写真をSNSに投稿するサッカー選手や監督も続き、行為はひとつの運動となった。

 だが、陣野俊史はその行動の顛末を冷静に見極める。確かにアウベスのパフォーマンスはあらゆる場所で話題となった。だが、本当に笑い飛ばして終わることなのか?

 バナナだけが有名になり、瞬間的な流行が拡散しただけではないのか?

オシム的なコスモポリタニズムこそ、今必要とされる。

 人種差別の深刻さと根深さから目を逸らさず、その源を凝視しようとするのが、本書全体を貫く陣野の姿勢。だから、人種差別に対抗する「ただのいい本」で終わらない。終わらせるわけにはいかない。

 スタジアムにおける人種差別の事件簿から始まり、アネルカやカランブーなど選手個人を巡る差別の来歴を辿る。サッカー的な側面だけでなく、政治や文化や思想など多方面から差別の根元を探り出そうとする方法は、やがてオシム的なコスモポリタニズムに帰着してゆく。我々はよい教師を知っていたのだ。

 差別行為がスタジアムから消えないのは、世界から差別が消えていないからだ。だが、あなたもこの現状をつくる関係者の一人だと知ることから、全ては始まる。

関連コラム

関連キーワード
ダニエウ・アウベス

ページトップ