ブラジルW杯通信BACK NUMBER

「ギリシャのサッカーは守備的か?」
今、日本に必要とされる観察眼。  

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/06/18 16:30

「ギリシャのサッカーは守備的か?」今、日本に必要とされる観察眼。 <Number Web> photograph by Getty Images

コロンビアに0-3と大敗を喫したギリシャだが、FIFAランクではコートジボワールより上の12位。日本にとってはグループ最終戦に希望をつなぐためにも、確実に勝利が要求される。

 勝負事において「思い込み」ほど、危険なものはない。分析の眼を曇らせ、誤った判断を導いてしまう。

 ギリシャはガチガチに守備を固めるチームだ――。ユーロ2004を古典的マンマーク戦術によって優勝したため、一般的にはそういうイメージが定着しているだろう。W杯予選でプレーオフを含めて6失点しかしていないという数字を見ると、さらにその印象が強まる。

 だが、当の本人たちは、そうは考えていないのだ。結論から言えば、過去の“ギリシャ的カテナチオ”の幻影から抜け出すために、彼らは必死にもがいている。

 ブラジルW杯の第1戦でコロンビアに0-3で敗れた試合後、左アタッカーのサマラスはFIFAの公式サイトに語った。

「奇妙な試合だった。自分たちは立ち上がりの5、6分に100%ではなく、愚かな失点を喫してしまった。しかし、その後はボールを持つ時間が長くなり、いくつものチャンスを作り出した。チャンスの数なら相手よりも上だった。0-3という結果はフェアではない」

「多くの人が『ギリシャはボールの後ろに11人で守る』という印象を抱いていることを、私も知っている。守備、守備、守備だとね。しかし今日の試合を見た人は、ギリシャが攻撃を好み、ボールをうまく動かし、常にチャンスを作ることにチャレンジしていることを知ったはずだ。このフィロソフィーは変えない。この姿勢が日本戦でいい結果を導くことを期待している」

「ギリシャはもはや守備的ではない!」

 つまり要約すると、サマラスはこう言いたいのだ。

「ギリシャはもはや守備的ではない!」

 もちろんスペイン代表やドイツ代表と比べれば、ギリシャは守備的である。だが、あくまでそれは「最高値」との比較で、世の「平均」と比較すると、ギリシャは少なくとも“どん引き”のチームではない。DFラインを高く押し上げることに取り組んでおり、だからこそコロンビア戦ではその隙を突かれてクアドラドに抜け出されてしまったのだ。

【次ページ】 ユーロ2004の成功体験と、新たな取り組み。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
ゲオルギオス・サマラス
ブラジルW杯
サッカーW杯

ページトップ