ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

新監督の“怒”に清武・長谷部が心服。
ニュルンベルクが後半5戦4勝の理由。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byPicture Alliance/AFLO

posted2014/02/26 10:40

新監督の“怒”に清武・長谷部が心服。ニュルンベルクが後半5戦4勝の理由。<Number Web> photograph by Picture Alliance/AFLO

試合への手応えをわかちあう清武弘嗣とフェルベーク新監督。新監督はオランダのAZで3年連続EL出場という実績を残した名監督だ。

 今シーズンの前半戦で、17試合連続勝ちなしという不名誉なリーグ新記録を作ってしまったニュルンベルクが、後半戦に入ってから猛烈な勢いで勝ち点を積み重ねている。

 2014年に入ってから、シーズン後半戦の最初の5試合の成績は4勝1敗。シーズン前半戦では1試合あたり最大でも勝ち点1しか積み上げられなかったチームが、たった5試合で勝ち点を12も積み上げたのだ。気がつけば、ニュルンベルクは残留争いから抜け出しつつある。

自動降格圏の17位から、たった5試合で12位まで浮上。

 前半戦終了時の順位と、現在の順位は以下のようになる。

<前半戦(第17節)終了時の下位チームの順位と勝ち点>
10位 シュツットガルト 19
11位 ブレーメン 19
12位 ホッフェンハイム 18
13位 ハノーファー 18
14位 ハンブルガーSV 16
15位 フランクフルト 15
16位(入れ替え戦) フライブルク 14
17位(自動降格) ニュルンベルク 11
18位(自動降格) ブラウンシュバイク 11

<第22節終了時の下位チームの順位と勝ち点>
10位 ホッフェンハイム 26
11位 ハノーファー 24
12位 ニュルンベルク 23
13位 フランクフルト 22
14位 ブレーメン 22
15位 シュツットガルト 19
16位(入れ替え戦) ハンブルガーSV 19
17位(自動降格) フライブルク 18
18位(自動降格) ブラウンシュバイク 15

 何が変わったのか。

 いや、何かが大きく変わっていないところに強みがあるのかもしれない。

【次ページ】 「攻撃のことを考えろ!」とフェルベーク監督は訴える。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ニュルンベルク
清武弘嗣
ヘルトヤン・フェルベーク
長谷部誠

ページトップ