スペインサッカー、美学と不条理BACK NUMBER

マドリーに20歳の新たなエース現る。
ヘセは第2のラウールになれるのか。 

text by

工藤拓

工藤拓Taku Kudo

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2014/02/25 10:40

マドリーに20歳の新たなエース現る。ヘセは第2のラウールになれるのか。<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

ヘセはカナリア諸島の出身。スペインの年代別代表にも選出されており、2012年のU-19欧州選手権では大会得点王に輝き、チームの優勝にも貢献した。

 エースのC・ロナウドはアスレティック・ビルバオ戦の頭突き事件により3試合の出場停止中。ケガがちのベイルは単発で凄いゴールは決めるものの、いかんせんレアル・マドリーのサッカーに馴染めていない。

 そんなさなか、ここ数試合続けて重要なゴールを決め、ファンとメディアの注目を集めているアタッカーがいる。今季トップチームに昇格したばかりのカンテラーノ、ヘセ・ロドリゲスだ。

 きっかけはベイルのケガにより先発のチャンスを得た、エスパニョールとのコパデルレイ準々決勝の第2レグだった。この試合でチーム唯一のゴールを決めると、続くアスレティックとのリーグ戦でも先制点を決めてチームに勝ち点1をもたらした。さらにアトレティコ・マドリー、ビジャレアルら強豪相手に4戦連発。1週間後のヘタフェ戦でも試合開始早々に先制点を決めている。

 これで今季の全公式戦におけるゴール数は8。シーズン終了まで3カ月を残しながら、生きる伝説ラウール・ゴンザレスがデビュー初年度に記録した10ゴールまであと2発と迫った。しかも初年度から多くの出場機会を得ていたレジェンドとは違い、ヘセはほんの1カ月ほど前までまとまったプレー時間を与えられていなかったのだから大したものである。

アンチェロッティが驚いた、若さにそぐわぬ落ち着き。

 C・ロナウドにも引けを取らない驚異のスピードとテクニックも素晴らしいが、驚くべきは今週に21歳の誕生日を迎えるとは思えないフィニッシュ時の落ち着きぶりだ。先日はアンチェロッティも「ここに来るまで彼のことは知らなかった。何より驚いたのはゴール前での冷静さだ」と賞賛。地元紙にはシュート決定率24%、つまり4本に1本は決めているとのデータも出ている。

 肝っ玉のすわり方も大物ぶりを感じさせる。

 昨季はカスティージャ(マドリーのBチーム)のエースとして2部で22ゴールを挙げながらモウリーニョから冷遇され続け、「チャンスを与えられるに相応しい仕事はしている。ここで信頼を得られないのであれば、信頼してくれるチームを他で探すしかない」と、移籍を示唆する発言でクラブにプレッシャーをかけた。

 最近の活躍を受け、気の早いメディアがフル代表入りの可能性を報じはじめたが、自身も「この調子でいけばフル代表でプレーできると思う。ケガをせず、少しの幸運に恵まれたらね」と自信を隠さない。

【次ページ】 ポジション争いの相手は、ロナウドとベイル。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
レアル・マドリー
クリスティアーノ・ロナウド
ヘセ・ロドリゲス
ラウール・ゴンザレス
カルロ・アンチェロッティ
ギャレス・ベイル

ページトップ