ソチ五輪EXPRESSBACK NUMBER

羽生、プルシェンコ、チャンが火花。
ライバル意識と敬意が混じる緊張感。 

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph bySunao Noto/JMPA

posted2014/02/06 16:30

羽生、プルシェンコ、チャンが火花。ライバル意識と敬意が混じる緊張感。<Number Web> photograph by Sunao Noto/JMPA

練習で好調にジャンプを決めた羽生結弦。同じ時間帯に練習を行なっていたプルシェンコも、羽生の動きに視線を送っていた。

 日本王者の羽生結弦と“フィギュアの皇帝”エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)、そして世界王者のパトリック・チャン(カナダ)が、お互い一歩も譲らない気迫合戦を展開している。

 5日昼、ソチ五輪のメイン会場で同じグループでの練習となった羽生とプルシェンコは、4回転をそれぞれ成功させ好調ぶりを確認。羽生は「プルシェンコがいるから僕のプログラムが変わるとかではない。普通どおり自分の感覚だけを信じて練習しました」といい、ライバルに気を取られないよう自分に言い聞かせていた。

 羽生は、ソチ到着前から気合いが違った。トロントからの機内で、4回転ジャンプのイメージトレーニングを繰り返した。

「目をつぶると(4回転)サルコウとトウループのことしか頭にありませんでした。そのまま寝たので、ジャンプを跳ぶ同じシーンが永遠に繰り返されて、全部跳べていました。機内で身体を休ませながら、やるべきことをやったという感覚です」

練習では得意の4回転トウループに、4回転サルコウも。

 10時間以上のフライトの間、“永遠に”繰り返したという4回転のイメージトレーニング。その成果は翌4日の練習に現れた。

 昼の初練習では「なまった身体をまずは動かすのが目的」といいながらもトリプルアクセルを成功。午後の練習では、得意の4回転トウループだけでなく、今季まだ1度しか成功のない4回転サルコウもたやすく決めた。

「トロントではブライアン(オーサーコーチ)と話し合って計画を立てて練習してきた。特別な練習ではなく、やれることをやる、というのが今の考え方」

 と浮かれる様子はない。

 シーズン前半には、ライバルのパトリック・チャン(カナダ)を意識しすぎてペースを崩した試合が続いた。しかし完全に自分に集中できたグランプリファイナルでチャンを破って優勝。今季12月には「ライバルを意識しすぎてはダメ。試合になったら自分だけに集中する、その自分のやり方を掴めた」と語っている。

【次ページ】 「プルシェンコの存在自体も楽しめるようやりたい

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
羽生結弦
エフゲニー・プルシェンコ
パトリック・チャン
ソチ五輪
オリンピック

ページトップ