Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<イラストでジャンプ解説> ココが知りたいフィギュアの疑問。 

text by

八木沼純子

八木沼純子Junko Yaginuma

PROFILE

photograph byJunko Yaginuma

posted2014/02/07 06:10

<イラストでジャンプ解説> ココが知りたいフィギュアの疑問。<Number Web> photograph by Junko Yaginuma
「ジャンプの見分け方は?」「採点の基準は?」……。
日頃の素朴な謎を解き明かすビギナー講座。

<ジャンプ全6種解説>

トウループ  難易度 1

 難易度も易しく、ほとんどの選手がサルコウとともに最初に練習するジャンプです。同じ回転数の場合、基礎点は6種類のジャンプの中でサルコウと並び最も低くなります。左足のトウを氷に突いて跳ぶ唯一のジャンプであることを把握すれば見分けやすいです(注:右利きを前提。以下同)。

サルコウ  難易度 2

 トウループとともに比較的簡単とされているジャンプです。ジャンプにはトウを突く「トウ系ジャンプ」と、突かない「エッジ系ジャンプ」がありますが、サルコウはエッジ系ジャンプの一つ。同じエッジ系のループと区別する方法は、踏み切るとき両足の形が「ハ」の字になると覚えれば大丈夫。

ループ  難易度 3

 踏み切る直前の動作に特徴があります。両足がクロスするような形になるのです。細かくいうと、右足が後ろで左足が前。横から見ると、両手を伸ばして椅子に腰かけているようなポーズに見えます。念のためにいうと、一般的にいわれる難易度とは別に、選手個々に得意不得意があります。

【次ページ】 前向きで踏み切るアクセルは、他より半回転多くなる。

1 2 NEXT
1/2ページ
関連キーワード
八木沼純子
ソチ五輪

ページトップ