日本代表、2014年ブラジルへBACK NUMBER

ベルギー撃破で得た「成功体験」。
ザックJ、W杯への進路は固まった! 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byVI-Images via Getty Images

posted2013/11/20 16:30

ベルギー撃破で得た「成功体験」。ザックJ、W杯への進路は固まった!<Number Web> photograph by VI-Images via Getty Images

「勝てて良かったです。本当に勝つことだけを意識していましたから」と、喜ぶよりもむしろホッとした表情で語っていた柿谷。

 過去最強との呼び声高い“赤い悪魔”を、“青いサムライ”が沈めた。

 それもアウェー、ベルギー代表にとっての聖地ボードワン国王スタジアム(旧ヘイゼルスタジアム)で、欧州予選10試合で4失点しかしていないW杯シード国(FIFAランキング5位)から3点奪って。

 アザール、デブライネら傑出した若きタレントを擁するチームに、スタジアムを埋めたベルギーのサポーターたちは、W杯の優勝も決して夢ではないと信じている。だからこそ日本に敗れた瞬間、一斉に大きなため息がこぼれた。悪夢じゃないか、とでもいうように。

勝利を淡々と受け止めた、青いユニフォーム。

 ヘイゼルのアップセット――。

 しかし深夜11時の冷気こもるピッチ上では、青いユニホームが飛び跳ねているわけでも、大喜びしているわけでもなかった。アルベルト・ザッケローニも本田圭佑も、そして遠藤保仁も。勝利をただただ淡々と受け止めているようだった。その光景がやけに印象的だった。

 選手からしてみればこれぐらいやって当然だからなのか、まだまだこんなんじゃダメだと思ったからなのか。いや、きっと両方の側面があっての「淡々」なのだろう。

 3日前のオランダ戦同様に、日本は高い位置で最終ラインを保ちながら全体をコンパクトに保ち戦おうとした。個の力で突破を試みるベルギーの攻撃に手を焼きながらも、カウンターに対しては香川真司ら前線の選手たちもしっかりと守備に戻って耐えた。また、押し込まれそうになると相手の裏にボールを出してラインを下げさせたりと、巧みな駆け引きができていた。流れは決して悪くなかった。

【次ページ】 オランダ戦同様、失点に直結するミスが……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
アルベルト・ザッケローニ
本田圭佑
柿谷曜一朗
川島永嗣
ロメル・ルカク
岡崎慎司
酒井宏樹
遠藤保仁
ブラジルW杯
サッカーW杯

ページトップ