Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<日ハムスカウトが明かすドラフト当日まで> 斎藤佑樹 「“夢”への入り口」 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byTomoki Momozono

posted2010/11/16 06:00

<日ハムスカウトが明かすドラフト当日まで> 斎藤佑樹 「“夢”への入り口」<Number Web> photograph by Tomoki Momozono
  日本中が熱狂した夏の甲子園、そして50年ぶりに行なわれた慶大との
優勝決定戦――。常に周囲の脚光を浴び、結果を残し続けてきたあの男が
今、新たなステージへと進もうとしている。
  稀代のスターへの指名はどのように決められたのか。担当スカウトが
獲得決意までの日々を余すところ無く語った。

 元気ないですね――。

 北海道日本ハムのGMで、ドラフト指名選手の最終的な決定権を持つ山田正雄は、ドラフト会議が終了し、控え室に戻るなり、スカウトのひとりにそう声をかけられたという。今ドラフトの最注目選手、早稲田大の斎藤佑樹を4球団で競合した末に抽選で引き当てた直後だというのに、だ。

「周りの人は、わーわー喜んでいましたけど、これは大変なことになったな……と」

 無論、喜びを爆発させたい思いもあった。だが、これからのことを考えると、表情は緩むどころか逆に強ばっていた。

 ――その数日前。

 山田は、珍しく揺れていた。山田がGMに就任したのは2007年オフのことだ。以降のドラフトにおいては、'08年には学生ナンバー1捕手、東洋大の大野奨太を、'09年にはメジャー球団をも巻き込んでの騒ぎになった花巻東高の豪腕、菊池雄星をいのいちばんにリストアップ。菊池は6球団が競合した結果、交渉権を得ることはできなかったが、その方向性はかなり早い時期に定まっていた。

 だが今年は本番直前まで、5人の大学生投手の中の誰かということしか決まっていなかった。

 いわゆる「ビッグ3」と目されていた早大の斎藤佑樹、大石達也、そして中央大の澤村拓一。加えて、今年になって株が急上昇した2人の左腕、佛教大の大野雄大、八戸大の塩見貴洋。「大豊作」と言われた今ドラフトを象徴する5名だ。しかし、どの選手も決め手を欠いていた。

ブルペンで斎藤を見た10分が方針の大転換を生んだ。

ドラフト会議から1週間後の11月4日。早大構内での記者会見には47社、総勢130名の報道陣が集まった

「選手の評価を数値化したものでは、大石と塩見が高かった。だから何人かの人には『大石で行くことになると思う』とは話していた」

 ただ、一部報道で澤村が巨人入りを熱望しているという情報が流れ、「それを知りながら強行指名するほどの選手ではない」と澤村を指名候補から外す球団が相次いだ。そのぶん、大石に指名が集中することが予想された。その事実も、山田の迷いに拍車をかけた。

「私の予想では少なくとも6球団はかぶると思った。この選手だと思ったら、それでも指名に行くのですが、大石の場合は、そこまでの選手かどうか判断しかねていたんです」

 山田は、ドラフト会議の3日前、突然思い立ち、早大のグラウンドを訪れている。昼過ぎのシート打撃で大石が投げることになっていると聞き、それを見たいと思ったのだ。

 12時ごろ、グラウンドに到着すると、斎藤がちょうどブルペンに入るところだった。せっかくならと、山田はブルペンで斎藤の投球もじっくり見てみようと思った。

 時間にして10分程度のことだった。だが、その10分が方針の大転換を生んだ。

「それだけ近くで斎藤を見たのは初めてのことだったんですけど、球がどうのこうのではなく、その存在感に、すーっと吸い込まれちゃったんですよね……。ふわ~っとした気持ちになったというか。女の人に惚れるような気持ちでしょうか。今まで野球選手を見てそういう感覚を抱いたことはなかった。だから、プロのスカウトとして、こういう選手は絶対に(指名を)外しちゃいけないんじゃないかと思ったんです」

 その帰路、山田は西武線の車内で「斎藤で勝負を賭けてみよう」と気持ちを固めていた。

【次ページ】 早大野球部OBの大渕スカウトが斎藤に接近した日。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
斎藤佑樹
北海道日本ハムファイターズ
ドラフト会議

ページトップ