JリーグPRESSBACK NUMBER

長友、内田らに続くサイドバックは誰?
今季のJリーグで観ておくべき選手達。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byEnrico Calderoni/AFLO SPORT

posted2013/01/31 10:31

長友、内田らに続くサイドバックは誰?今季のJリーグで観ておくべき選手達。<Number Web> photograph by Enrico Calderoni/AFLO SPORT

欧州の主要メディアや有名クラブの監督から「世界最高の左サイドバックのひとり」とまで称されるようになった長友。アシュリー・コール、ファビオ・コエントラン、ジョルディ・アルバらと比べられる存在だ。

 現在、海外組と言われる選手のポジションはトップ下、サイドMF、ボランチを含めた中盤が圧倒的に多い。それは、中田英寿に始まり、中村俊輔など中盤で影響力があり、目標となる選手が出てきたことと無縁ではない。彼らに影響を受けた子供たちの多くが、ヒーローに憧れ、真似をしようとした。トライする人数が増えれば、才能ある選手が生まれてくる確率も高くなる。指導者もまた、優秀な選手を中盤に置きたがる傾向になっていった。その結果、現在の日本の中盤には優秀な人材が揃うようになった。

 しかし、海外に渡った中盤の選手で、レギュラーを獲得している選手は、リーグやクラブの質の差はあるものの本田圭佑、清武弘嗣ら僅かしかいない。香川真司もマンUでは当落線上ギリギリでの戦いが続いているし、天才と言われた宇佐美貴史や日本代表のキャプテンの長谷部誠でさえ試合に出たり出なかったりという状況が続いている。海外移籍を果たしたとはいえ、各クラブの中ではまだ飛び抜けた存在になっていないのだ。

 中盤の選手がレギュラー争いで苦戦している中、世界で評価され、4名もの海外組を輩出しているポジションがある。

 サイドバックである。

昔はそれほど評価が高くなかったポジション「サイドバック」。

 サイドバックは過去、言葉は悪いが野球で言えば「ライトで8番」みたいなポジションに捉えられ、メインに考えられることはなかった。実際、スピードや技術の高い選手は前線や中盤に置かれ、高さと身体能力の特徴のある選手はセンターバックに置かれた。だが、4バックが主流になり、サイドの攻防が重視されるようになってくると、サイドバックの存在がクローズアップされた。すると、優秀な人材がサイドに置かれるようになってきたのである。

 では現在のJリーグに、最新のスタイルを体現するサイドバックとして今後が期待されるような選手はいるだろうか。

【次ページ】 藤春廣輝、橋本和、丸橋祐介……他にもまだいる!

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
藤春廣輝
丸橋祐介
齋藤学
梅崎司
登里享平
橋本和
長友佑都
内田篤人
酒井宏樹
酒井高徳
山口螢

ページトップ