フットボール“新語録”BACK NUMBER

若きサムライがロシアU-18代表に。
Sモスクワ・篠塚一平、17歳の夢。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2012/12/13 10:31

若きサムライがロシアU-18代表に。Sモスクワ・篠塚一平、17歳の夢。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

取材を行なったロシア料理レストランにて。スパルタク・モスクワのシャツを着ていたため、レストランの店員に「スパルタクの選手なのか?」と声を掛けられていたが、動ぜずロシア語で会話をしていた。

「まだ実感はないんですけどね。ロシア代表のユニフォームに
袖を通したとき、実感が湧くんじゃないかな」
篠塚一平 (スパルタク・モスクワのリザーブチーム)

 ロシアから、嬉しいニュースが飛び込んできた。

 スパルタク・モスクワのリザーブチームと契約する篠塚一平(17歳)が、ロシアU‐18代表の合宿に初招集されたのだ。篠塚は12月20日から始まる合宿に参加し、来年1月5日にサンクトペテルブルクで開幕する国際大会(バレンチン・グラナトキン・メモリアル)に出場する見込みだ。 篠塚はテーブルの上で手を組むと、高校生とは思えない落ち着いた口ぶりで言った。

「監督からロシアU-18代表に選ばれたと言われたときは、やっぱり興奮しましたよ。まあロシアでは何が起こってもおかしくないから、最初は『本当に呼ばれるのかな?』と半信半疑でしたけど(笑)」

 千葉県我孫子市育ちの篠塚にとって、まさかロシアU-18代表に呼ばれる日が来るとは、約1年9カ月前までは想像すらできなかった。

 人生のターニングポイントは、2011年3月11日の東日本大震災後に、母の母国であるロシアに移住したことだった。一時的な避難のつもりだったが、育成クラブとして知られるチェルターノバのテストを受けたところ、見事に合格。ロシアサッカー界で勝負することを決意した。

瞬く間にロシアサッカー界の注目のタレントのひとりに。

 高1の終わりまでプレーした中央学院高校ではレギュラーにはなれなかったが、異なる環境での挑戦が成長のスイッチを押した。身長が約10cm伸びてスピードが上がったこともあって、トップ下(もしくはFW)としてドリブルを武器に大活躍。わずか半年でロシアの大手代理人事務所から声がかかり、1年目のシーズン終了時には名門スパルタク・モスクワのリザーブチームから3年契約のオファーが届いた。瞬く間にロシアサッカー界の注目のタレントのひとりになったのである。スパルタクではまずはユースに配属されて、同年代の中で練習して力をつけることになった。

【次ページ】 ほぼ話せなかったロシア語もわずか1年で習得。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
篠塚一平
スパルタク・モスクワ

ページトップ