リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

リーガのトップ2には結局迫れず……。
バレンシアの監督解任の背景とは。 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/12/12 10:30

リーガのトップ2には結局迫れず……。バレンシアの監督解任の背景とは。<Number Web> photograph by Getty Images

ペジェグリーノ解任後は12月5日のCLリール戦、12月8日のオサスナ戦と共に1-0で連勝を飾ったバレンシア。写真はリール戦で決勝点となるPKを決めたMFジョナス。

 バレンシアがマウリシオ・ペジェグリーノ監督を解任した。第14節でレアル・ソシエダに2-5の大敗を喫した後のことだ。

 ペジェグリーノは'99年から'04年まで続いたバレンシアの黄金時代をディフェンダーとして支えた1人で、カンテラでの指導を除くと監督経験はゼロだったが、ジョレンテ会長直々の選出により、この夏からチームを指揮してきた。

 解任理由は、毎度お馴染み、リーガにおける低迷である。

 順位は14節を終えて12位。首位バルサとのポイント差は22。目標である3位(レアル・マドリー)との差は11。アウェイゲームは7戦勝ち無しという体たらく。CLでは2年ぶりにグループステージを突破したが、クラブは前述のレアル・ソシエダ戦やその前節のマラガ戦0-4の敗退を問題視した。

 ところでこの解任に際して、ペジェグリーノに足りなかったのは「厳格さ」であり、「そもそもバレンシアに必要だったのは鬼軍曹タイプの監督」という声が上がっている。

 ウナイ・エメリが率いた昨シーズンまでのバレンシアは、ビジャやシルバ、マタら主力中の主力を次々に失いながらも力は落とさず、直接対決においてはバルサやマドリーを苦しめるほどのチームだった。

 それなのに2強との差が縮まらなかったのは、シーズンを通してパフォーマンスを安定させることができなかったから。即ち、選手のメンタル面のコントロールができていなかったからなので、後任には厳格な監督を連れてくるべきだったという論法だ。

「良い監督」の条件を、監督版バロンドール候補で考えてみる。

 実際、強いチームを作る上で、チームマネージメントは非常に重要な要素である。

 選手にやる気を起こさせ、サブ組にモチベーションを維持させ、集中させ、チームを意識させる――「良い監督」には欠かせない能力だ。

 ただし、厳しくやることだけがその手段ではない。

 今年の監督版バロンドール賞にノミネートされている3人を較べてみても、やり方はバラバラだ。

【次ページ】 監督に必要なのは、組織作りの方法論ではなく人徳!?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
バレンシア
マウリシオ・ペジェグリーノ
ダビド・アルベルダ
エルネスト・バルベルデ

ページトップ