Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<異国での1年を振り返る> 岡田武史 「いま中国を離れる事は私にはできない」 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byMasahiro Fukuoka

posted2012/12/14 06:01

苦闘の連続だった中国での1年目のシーズンが終わった。
指揮官の地道な指導により、変化の兆しを見せる選手たち。
その手腕に周囲の信頼も厚い。かつて日本を率いた男は、
来季もこの国のサッカーの未来のために心血を注ぐ。

 改革の過程に、オフなどない。

 11月下旬、岡田武史は日本にいた。

 中国スーパーリーグ、杭州緑城のU-19、U-17ユースチームを引き連れ、静岡県・御殿場で強化キャンプを張っていた。

“全権監督”は、U-19、U-17のユースチームの練習まで取り仕切る。

 夕方、寒風吹くグラウンドではU-17の紅白戦が行なわれていた。響き渡る指揮官の喚声。いいプレーをすれば「グッド!」、悪ければ嘆息とともに表情をひん曲げる。感情豊かな大きなリアクションに反応するように、段々と若芽たちのボルテージも上がって声を出していく。冷気を熱気が追いやっていた。

「みんないい声が出てたかな」

 ユースも統括する“全権監督”はグラウンドを出ると、そう言って白い歯をこぼす。だが時計に目をやると、別のグラウンドで練習していたU-19の報告を聞くためか、足早に消えていった。その足取りは軽やかだった。

 中国1年目のシーズンは終わった。

 岡田率いる杭州緑城は、結局16チーム中12位にとどまった。序盤には最下位まで沈みながらも一時5位まで浮上。そこから再び下降線を辿って残留争いに巻き込まれたものの、終盤戦の奮闘で何とか持ちこたえた。下がって上がってまた落ちる。そして最後にちょこっと上がる。その成績の波形を眺めるだけで岡田の苦闘ぶりが伝わってくる。

 日本と中国では文化も思想も違う。システムも違う。その中で岡田はもがきながら、違いよりも不変なものを見出そうとし、チーム改革を断行しようとした。痛みも伴った中国1年目の聖域なきチャレンジ。そこで岡田武史が得たものとは――。

不甲斐ない敗れ方に怒りを抑えるだけで必死だった岡田。

 6月23日、ホームの黄龍体育場。

 試合終了のホイッスルが鳴ると、岡田は表情を崩さないまま雨に打たれていた。

 上位をうかがう長春亜泰に前半2-0でリードしながらも、後半に3点を奪われて逆転負けを食らったのだ。つなぐスタイルを封印して、手数をかけずにゴールに向かうやり方で4連勝をマークして5位まで上昇したにもかかわらず、0-5で敗れた前節の貴州人和戦に続く不甲斐ない敗れ方に岡田は怒りを抑えるだけで必死だった。

<次ページへ続く>

【次ページ】 「誰かがやってくれる」という気持ちを改善するために。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ