プロ野球亭日乗BACK NUMBER

日本一となる真の強さを求めて――。
結実した原監督の“守りの野球”。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2012/11/05 11:40

日本一となる真の強さを求めて――。結実した原監督の“守りの野球”。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

監督として自身3回目となる日本一となった原辰徳監督。長嶋茂雄、王貞治、藤田元司、鶴岡一人ら球史に残る監督の成績を越え、野村克也、広岡達朗、古葉竹識らと並ぶ歴代5位タイの記録となった。

 危険な打球だった。

 日本シリーズ第6戦。巨人が日本一まであと1アウトと迫った9回表2死一、二塁。日本ハム・糸井嘉男の放った打球は、少し詰まり気味に大きなバウンドで三遊間に転がった。

 猛然と前進した巨人の遊撃手・坂本勇人がボールを捕ると一塁に矢のような送球をした。その瞬間に50メートル5秒76の俊足を飛ばして糸井がベースを駆け抜けた。

 ホントに間一髪だった。

 一塁塁審の右手が上がったのを合図に、巨人ナインが一斉にマウンドへ向かって駆け出した。

 このシーンを見ていた評論家の達川光男さんは坂本の守備を絶賛する。

「山口のシュートのサインを見て、あらかじめ三遊間方向に守備位置を変えていた。もし、変えていなかったら、おそらく一塁はセーフになっていたはずです」

 翌日のスポーツ報知の評論では「集中力の中での余裕」であり、これが「一流」と「超一流」の違いだと絶賛していた。

強力打線のイメージだが、原監督の思惑は「守備力強化」だった。

「今年は守備から入ったチームだった」

 日本一へと登り詰めた監督の原辰徳は、こう述懐する。

 巨人と言えば「他のチームの4番打者を奪いとって作った」強力打線というイメージが強い。昨オフも横浜(現DeNA)の4番だった村田修一をフリーエージェントで補強したために、「またか……」というイメージを抱いたファンも多かったかもしれない。

 ただ、原が村田に求めたものは、打力ばかりではなかった(もちろん打力への期待が大きかったのは確かだが……)。

「三塁を固定したかったのと、三遊間、左方向の守備力を強化したかった」

 原の説明だ。

 以前にこのコラムで書いたが、原にとっては2年越しの恋人だった村田獲得には、三塁手を固定して守備面の強化を計るという狙いもあった。

 加えてその村田と三遊間コンビを組む坂本に対しても、守備力強化を目的に、昨オフには荒療治も行った。守備の名手として知られるヤクルトの宮本慎也の下に“弟子入り”させたのである。

【次ページ】 「キャッチボールを見て呆れました」という宮本の言葉。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
読売ジャイアンツ
原辰徳
村田修一
糸井嘉男
日本シリーズ

ページトップ